Home

ProfileInformationColumnNumerology

TarotWorksBooksBBS

OtherContactLinkReading

 

Other


 

□■『BBS』内、過去投稿分・公開質問■□

 

 

質問者:akiraさん  2008/07/24 (Thu) 21:53:55

 

始めまして、鑑定歴が数ヶ月しかない未熟な占師です。携帯サイトと契約して地道に活動し、質問に対応するスプレッドを選ぶまでに成長しました。
そこで疑問に付き合ったのですが、タロットで展開された全てのカードの数字を計算して、神秘数と組み合わせる占術があるみたいなのです。あるとしたら具体的に、どんなスプレッドで展開して、どんなものを参考にして算出した数字を照合するのでしょうか?

 


 

管理人の回答    2008/07/25 (Fri) 23:47:55

 

はじめましてakiraさん!
管理人の後藤です。

この公開質問の場にご投稿いただき、ありがとうございます!

さて、タロットで展開されたカードの数字を計算し占断する方法ですが、実際に存在し、「
カードのカウンティング」と呼ばれます。

その方法は『
タロット教科書(第1巻)』(マルシア・マシーノ著/栄 チャンドラー訳/魔女の家BOOKS刊/1996)に記されております。

レイアウトされた大アルカナ・小アルカナ双方(コートカードを除く)に書かれている数字を合計し、単数変換を重ねる事で最終的に1〜9、11、22(10も使用)に還元、得られた数字はそのリーディングにおける一般的なテーマを表す為に用いられます。

この本では特にどのスプレッドで用いるかについては言及しておりませんが、ケルト十字法やヘキサグラム法、ホロスコープ法などあらゆる方法に応用が効くと思われます。

スリーカード法を例に取りますと、

1枚目:カップの「3」
2枚目:ペンタクルスの「8」
3枚目:太陽「19」

3+8+19=30
3+0=『3』となり、このリーディングの全体的テーマは『3』のイメージによって表される、というような鑑定方法になるのです。

このようなタロットにおける数秘術的なアプローチを著者は「
数字のトレンドを出す」という独自の言葉で表現しています。

私もこの「
カードのカウンティング」は用いますが、専ら小アルカナだけでカウンティングするに留めます。
大アルカナに書かれている数字は数秘術的概念と若干合わない部分が見受けられるからです。

しかしいずれの方法でカウンティングしても、タロットリーディングの際は大いに役に立ち、鑑定により深みを加える事になるでしょう。

 

ちなみに著者は各数字に以下のイメージを割り当てています。(以下上記著書より抜粋)



『1』…始まり、イニシエーション、変化、何か新しい事のスタート

『2』…対人関係、パートナーシップ、コミュニケーション、貢献、検討に値する釣り合いの取れた代替案、機会

『3』…成長、増加、現実化しつつあるプラン

『4』…安定、安全、具体化、現実、事態は安定している

『5』…変化、妨害、望まない変化により苦しむがそれによって成長できること、混乱した環境、不調和

『6』…調和、復興、バランス、貢献、安全

『7』…成功、引退、魂、アイデア・野心による勝利、魂の開花

『8』…成功、金銭あるいは権力によるコントロール、支配、バランスの取れた力の表現、ヒ−リングパワー

『9』…目標・アイデア・感情的・精神的・霊的な事柄に関する達成、ゴールへの到達と終了

『10』…あるサイクルの終わりと新しいサイクルの始まり

『11』…心霊、心理、芸術、改革、独創性、創造性

『22』…大きな富、洗練された魂

 

 

上へ上へ戻る


Home

Profile     Information     Column     Numerology

Tarot     Works     Books     BBS

Other     Contact     Link     Reading