子犬・成犬のしつけ方法とTVチャンピオン遠藤和博や森田誠

来客に吠え続けて、叱ってもやめないときのしつけは、まず子犬・成犬に長めのリードをつけて居間につないで誰かにチャイムを鳴らしてもらってください。音に反応して威嚇をする直前に「いけない」と注意します。飼い主の側で興奮しないでおすわりと待てができれば、リードをつけたままで玄関まで一緒に行きます。玄関に出たときに子犬・成犬が興奮して飼い主よりも前に出てしまうようなら、リードを引くか、鼻先を叩いて叱って下さい。玄関でおすわりと待てができたら、来客役の人にドアを開けてもらって、ドアの開く様子に子犬・成犬が興奮や威嚇しようとしたら、「いけない」と叱ってリードを引いてショックを与えてください。大型子犬・成犬を散歩させていると子犬・成犬に引っ張られてしまうときのしつけは、まず右手にリードの先端を持って左手でリードの真ん中を持ってください。子犬・成犬がリードを引きそうになったらすぐに右回りで90度から180度の方向転換をしてショックを与えます。それから素早く子犬・成犬の横について5歩から10歩歩いて方向転換してください。方向転換を1回の散歩で3回から5回行うようにして、子犬・成犬が飼い主の顔を見上げるようになってくると、方向転換も自然にできるようになります。散歩を何気なくしていないで、子犬・成犬をよく観察して、子犬・成犬の意識がいつも飼い主に向いているようにすることが大切なのです。

子犬・成犬のしつけの仕方「ハウス」や「待て」

子犬・成犬のしつけで「ハウス」を覚えさせたいのなら、まず子犬・成犬の家の中におやつを入れて、子犬・成犬が家に入りそうになったら「ハウス」と声をかけてください。家に入ることができたら、十分に褒めてあげることも忘れないでください。慣れてくると「ハウス」と言えば、家に入るようになります。「ハウス」の言葉で家に入ることに慣れてからも、ハウスができたら十分に褒めてあげることと、おやつをあげることを忘れずにしてあげてくださいね。ハウスをしっかり覚えるまでは、ハウスができたらまた外に出してあげる、ということを繰り返しても良いでしょう。「待て」を子犬・成犬にしつけるのに、1番良いのが食事のときです。最初のうちは、食事を見ると子犬・成犬が飛びついてしまうと思いますが、身体を押さえて「待て」と声をかけて、何秒かしてから「よし」と声をかけて手を離す、と言うことを繰り返すと、子犬・成犬も徐々に覚えてくれると思います。慣れてきたら、子犬・成犬が「待て」の言葉で止まって、「よし」と言われたら動く、ということができるようになってくると思います。子犬・成犬のしつけをするときには、根気よく教えて、できたらたくさん褒めてあげてください。褒められて嬉しいと感じるのは、人間も子犬・成犬も一緒なのです。

子犬・成犬のしつけ方法「おすわり」とリード

子犬・成犬に「おすわり」のしつけをするときには、まず最初に子犬・成犬にリードを付けてください。リードを軽く上げながら「おすわり」と言葉をかけてください。最初のうちは、リードを上げて「おすわり」と言いながら、子犬・成犬のおしりを子犬・成犬が座るまでの間、軽くおさえてあげてください。「おすわり」ができたら子犬・成犬をたくさん褒めてあげてください。子犬・成犬に「おすわり」と言いながらリードを軽く上げて、座れたらたくさん褒めてあげる、ということを、気長に根気よく、繰り返してしつけをしていくうちに、徐々に子犬・成犬はおすわりを覚えていくと思います。「お手」は、ほとんどの人に子犬・成犬のしつけの基本だと思われていますが、実際に子犬・成犬が生活をしていく上ではあまり必要のない行動です。でも覚えさせたいと言うのであれば、飼い主の言うことをきちんと聞く子犬・成犬に育てるためのしつけ、という意味で覚えさせると良いと思います。最初に子犬・成犬を自分の正面でおすわりをさせてください。それから、子犬・成犬の右手を軽く握って持ち上げて、自分の手のひらをひろげて「お手」と何回か言います。できたらたくさん褒めておやつをあげてください。同じ手順を繰り返すことで「お手」を覚えていきます。「おかわり」は子犬・成犬の逆の手で同じ手順を繰り返します。

Copyright © 2008 子犬・成犬のしつけ(おすわりやハウス・待て)の方法