スープパスタでのフランス料理のマナーとは

フランス料理マナーで、スープパスタが出てきたら??日本人は、右手で、フォーク左手でスプーンを持ってパスタを頂いていますが、正式な食べ方としてフランス料理マナーは、スプーンを使わずにフォークにクルクルと巻いて口に入れるものなのです。必ず右手でフォークを持ち、クルクルとさせて食べ終わってから右手でスプーンに持ち替えて、スープ(ソース)を頂きましょう。フランス料理マナーのスプーンの使い方は、大きく分けてフランス式とイギリス式があります。フランス料理マナー・フランス式は、お皿の横から真ん中に向かって、スプーンを入れてスープをすくうのです。フランス料理マナーの飲む時は、スプーンの先を45度回転させてスプーンの先からスープを飲むカタチになります。

デザートのフランス料理のマナー

フランス料理マナーで、デザートは欠かせませんが、デザートには、必ずデザートとスプーンが出て来ます。内容によっては、デザートナイフも登場しますが、なるべくフォークのみで頂くのが良いとされています。もちろん、フランス料理マナー、アイスクリームやフルーツなどの液体状のものは、スプーンで召し上がってください。フランス料理のマナーの食べ方に自信がない人は、無理してフォークだけで食べなくても大丈夫です。「極力フォークで頂きましょう」というレベルなので、汚く食べ散らかす位ならスプーンやナイフを使っても良いのです。フランス料理マナー・次にマナーの代名詞とも言われる?スープの飲み方ですが、「音を立てて飲まない事!」ズズ〜〜っと吸って飲むのは最も下品な行為です。また、美味しいポタージュだからと言って、最後に残ったほんの少しのスープをパンに付けるのはやめましょう。

フランス料理のマナーについて

フランス料理マナーとは、相手を不快にさせないルールだと考えて欲しいと思います。座る方は、椅子の左側に立つと言うルールがあるのです。フランス料理マナーとは、相手に余計な気を使わせない、不快にさせないルールなのですね。何となく分かる気がしませんか?フランス料理マナーのグラスは、一人4つは並んでいるものです。自分のグラスは、必ず右側にあります。(ちなみにパンは、左のガ自分。)斜めに並べて一番奥がお水用です。フランス料理マナーは、気品・知性・幸福感を感じさせる優雅な食卓を考えております。フランス料理マナーのナプキンを取るタイミングは、お料理の来る前でしたら、椅子に座った段階でいつ取っても良いのです。ただし、「女性が取った後に男性が取ります。」これは、席に座る時も同じです。何をするにしても「レディ・ファースト」なのです。

Copyright © 2008 フランス料理とマナーに悩むぐらいなら