1800年陰謀年表

西暦1852年
皇紀1852年(西暦1192年)
西暦 1871年
皇紀 1871年 (西暦 1211年

  • 1211年 (皇紀 1871年 ) - チンギス・カンは、着々と帝国の建設を進め、中国の「金」王朝と
    開戦する。
    1211年 (皇紀 1871年 12月23日 - 流罪中の親鸞に勅免の宣旨せんじ)/rp>が下る
    順徳天皇)。

    三軍に分かたれたモンゴル軍は、長城を越えて長城と黄河の間の金の領土奥深くへと進軍し、金の軍隊を破って北中国を荒らした。

    この戦いは、モンゴル軍は野戦では勝利を収めたが、堅固な城壁に阻まれ主要な都市の攻略には失敗した。しかし、チンギスとモンゴルの指揮官たちは中国人から攻城戦の方法を学習し、徐々に攻城戦術を身につけていった。この経験により、彼らはやがて戦争の歴史上で最も活躍し最も成功した都市征服者となる。当時5千万人ほどいた中国の人口がわずか30年後にした調査によると約900万人ほどになってしまったというから虐殺の規模がうかがい知れる。
  • 1213年 (皇紀 1873年 ) - 「金」王朝はチンギス・カンに屈伏する。
    相次ぐ敗北により抵抗の手をふさがれた金の新帝宣宗せんそう)/rp>同年にモンゴルに対する和議に踏み切り、モンゴルに対する君臣の関係を認めて歳貢さいこう)/rp>を納めることを約束し、皇族の娘をチンギスに嫁がせる屈辱的な内容の講和を結んだ。

    1229年 9月13日 - オゴデイが第2代モンゴル皇帝に即位。
西暦1873年
皇紀 1873年 (西暦1213年)

西暦 1882年
  • 1882年 - 「ものみの塔聖書冊子協会」(エホバの証人)を設立したチャールズ・テイズ・ラッセルは、三位一体を否定する教義を前面に打ち出し、再臨派を含む既存のキリスト教教派から完全に訣別する。
    1852年2月16日 - (誕生)チャールズ・テイズ・ラッセル、宗教家。「エホバの証人」創始者。

    1881年2月16日 - 「ものみの塔聖書冊子協会」(エホバの証人)設立。
皇紀 1882年(西暦1222年)
  • (旧暦)1222年2月16日(誕生)日蓮、僧、日蓮宗開祖。
西暦 1889年 2月

皇紀 1889年 2月(西暦 1229年 2月)

西暦 1889年10月
皇紀 1889年(西暦1229年)
西暦 18■年
皇紀 12■年(西暦18■年)

control
web trackers