1900年陰謀年表

西暦 1908年
  • 1908年 3月7日(旧暦 2月5日

    青函連絡船運行開始
    青函連絡船の運航開始日は、 源頼朝源義経の冥福を祈願して建立した永福寺ようふくじ)/rp>の修復工事の日に合わせて設定された。東京政府の北海道・東北に対する思い入れは特別だ。これは、アイヌ人を討伐した後に送り込んだ徳川屯田兵たちを支援する伝統が続いていることを示す。

    これに比べると、蒙古襲来で蒙古船団が沈没する日を選んで設定された鹿児島の桜島フェリーは、鹿児島いじめの典型だ。これは、徳川一族の九州征服が未完成であり、邪魔者の残っている鹿児島は、その者たちが消え去るまでいじめられることになる。

    船の大きさの違いはあるが、そのデザインや外形の違いは一目瞭然だ。設計・造船の段階から陰謀が練られていることは間違いない。

    青函連絡船「八甲田丸」
    (1963年7月竣工)

    桜島フェリー「第十八櫻島丸」
    (2003年2月竣工)
皇紀 1908年 (西暦 1248年

西暦 1934年
  • 1934年11月19日 - 桜島フェリー運航開始(鹿児島)。
    徳川幕府の有力藩弱体化政策以来、鹿児島(薩摩藩)は一貫して東京の仮想敵国だ。それゆえ、桜島フェリーの運航開始を蒙古襲来に合わせ、蒙古襲来に合わせた真珠湾攻撃の模擬訓練は、桜島を中心とした鹿児島で行なわれた。

    真珠湾航空奇襲の訓練は鹿児島県の鹿児島湾(錦江湾)を中心に、鴨池、鹿屋、笠之原、出水、串木野、加世田、知覧、指宿、垂水、郡山、七尾島、志布志湾の各地で行われた。
    日本政府、その支配下の鹿児島県・鹿児島市・警察・企業の地元いじめは巧妙で執拗だ。そのやり方は、江戸時代を通じた徳川幕府の薩摩藩いじめと何ら変わらない。地方をいじめるやり方の特徴は、まず、いじめる相手方に裏切り者(屯田兵)を送り込み、いじめる側も、いじめられる側も、仲間通しで八百長を演じることだ。だから、事実は、よほど注意深く検証しないかぎり、いじめられている側の住民にもよくわからない。

    桜島フェリーの外観は、人口60万人の都市のフェリーとしてはあまりにもみすぼらしく、汚い。


    桜島フェリー

    四国フェリー

    私は、鹿児島を非難しているのではない。鹿児島を滅ぼそうと巧妙な陰謀を繰り返す裏切り者どもを非難しているのだ。

    これは、先日ある評論家が言っていたが、「茹でガエルゆでがえる)/rp>」方式のいじめだそうだ。
    要旨は「2匹のカエルを用意し、一方は熱湯に入れ、もう一方は緩やかに昇温する冷水に入れる。すると、前者は直ちに飛び跳ね脱出・生存するのに対し、後者は水温の上昇を知覚できずに死亡する」というものである。

    およそ人間は環境適応能力を持つがゆえに、暫時的な変化は万一それが致命的なものであっても、受け入れてしまう傾向が見られる
皇紀 1934年(西暦1274年)
西暦 1935年
皇紀 1935年(西暦1275年)
西暦 1941年8月
皇紀 1941年8月(西暦1281年8月)
  • 1281年8月15日 - 弘安の役で台風が吹き荒れ、元軍が壊滅。
西暦 1941年12月
皇紀 1941年12月(西暦1281年12月)
  • 1281年7月30日 - 弘安の役: 前回の文永の役と同様に台風が吹き荒れ、元の軍船は敗北する。
西暦 1942年
皇紀 1942年(西暦1282年)
西暦 1957年
皇紀 1957年(西暦1297年)
西暦 1962年

皇紀 1962年 (西暦 1302年

  • 1302年 4月10日 - 最初の三部会をフランス王フィリップ4世が開催する。
    この頃国王と教皇の権力争いがピークに達する。フィリップ4世は、戦費捻出のため教会財産への課税に踏み切る。教皇と戦うにあたり、国内の支持を得るために、聖職者・貴族・平民からなる三部会を召集する(フランス・パリノートルダム大聖堂)。

    これに対して、教皇ボニファティウス8世はついにフィリップ4世を破門し、両者の
    関係は決定的になる。フィリップ4世はイタリアに軍を派遣し、1303年 9月7日
    ボニファティウス8世を捕える(アナーニ事件)。
西暦 1993年5月
皇紀 1993年5月(西暦1333年5月)
西暦 1993年8月
皇紀 1993年8月(西暦1333年8月)
西暦 1996年 1月

皇紀 1996年 1月(西暦 1336年 1月)

西暦 1996年12月
皇紀 1996年12月(西暦1336年12月)
西暦 1998年 7月

  • 1998年 7月25日 - 和歌山毒物カレー事件」発生。
    和歌山県和歌山市園部そのべ)/rp>地区で行われた夏祭の夕方、提供されたカレーに毒物が混入され、カレーを食べた67人が腹痛や吐き気などを訴えて病院に搬送され、4人が死亡する。

    ※ この事件は町内会のイベントで起きたもので、その日付は、菊池武重きくち たけしげ)/rp>が、菊池家憲かけん)/rp>寄合衆内談の事よりあいしゅうないだんのこと)/rp>」を作った日に合わせて設定された。
皇紀 1998年 (西暦 1338年

  • 1338年 8月11日(旧暦 7月25日 ) - 日本最古の血判文書菊池武重きくち たけしげ)/rp>は、一族の結束の為、
    菊池家憲かけん)/rp>寄合衆内談の事よりあいしゅうないだんのこと)/rp>」を作り、血判を押す(熊本)。
    当時は南北朝時代の騒乱時で、菊池氏は南朝であったが、徐々に形勢が北朝方有利に傾きつつあった。菊池武重は自分の死後も菊池一族の結束を守るために「菊池家憲」を制定する。

    一族の方針は寄合衆よりあいしゅう)/rp>と呼ばれる有力庶子家と合議して決め、その決定には惣領そうりょう)/rp>と言えども従わなければならないとし、一族は血判をして同意する。
西暦 1998年10月
皇紀 1998年(西暦1338年)
西暦 19■年
皇紀 13■年(西暦19■年)

control
web trackers