漢詩(1)杜甫 高胼
1.水檻遣心  杜甫 
2.江村 杜甫   
3.山亭夏日 高駢
漢詩(2)  李商隠
1.夜雨寄北  
2.嫦娥  3.漢宮詞
4.登樂遊原  
5.錦瑟  6.瑤池 
杜甫の年譜
0.はじめに   
1.青年期    
2.長安仕官活動10年
3.仕官と安禄山の乱
4.官辞し乱を避て紀行
5.成都浣花渓草堂 
6.南国漂泊  

 杜甫李白を詠う

 王維ものがたり
1.生誕から26歳 

   












 ● 田園楽 七首

 ● もう川集 20首
李白ものがたり
 李白詩  
 李白ものがたり  
 杜甫を詠う2首と1首
王維・李白・杜甫  その時
杜甫10歳・李白21歳・王維23歳
杜甫25歳・李白36歳・王維38歳
杜甫35歳・李白46歳・王維48歳
    (安史の乱)
  ●安禄山の叛乱
  ●叛乱の背景
各時代の概略と詩人



4.唐時代と詩人
5.宋時代以降












漢文委員会

ご要望・お問い合わせ   漢文委員会 投稿からページ公開まで
もっと見たい>
漢詩総合サイト

http://kanbuniinkai7.dousetsu.com

漢詩総合サイト

http://kanbun-iinkai.com


















トップページ






よく読まれているもの  2016年2月度

   漢文委員会Kanbuniinkai紀頌之の漢文  
● 2016年2月28日紀頌之漢文4つのブログのよく読まれているもの 
  ● 2016年2月28日 のランキング
 T李白と李白に影響を与えた詩 LiveDoorブログ
1 孟浩然 ?暮歸故園(歳暮帰南山)  李白「?山懐古... 2012年2月28日
2 早春寄王漢陽  李白Kanbuniinkai紀頌之の漢詩李白特... 2012年1月20日
3 春夜宴桃李園序李白116 2011年8月6日
4 恋愛詩人・李商隱 1 錦瑟(きんしつ) 2011年7月17日
5 清平調詞 三首 其二 李白 :Kanbuniinkai紀頌之の... 2011年9月19日



U中唐詩・晩唐詩 LiveDoorブログ
1 李商隠 9 無題(相見時難別亦難) 題をつけられない... 2011年7月19日
2 辛未七夕李商隠 2011年8月25日
3 76-#1《八讀巻六11 祭十二郎文》-1 韓愈(韓退之) ... 2015年7月3日
4 韓愈135《巻01-19秋懷詩,十一首之六 (今晨不成起... 2016年2月23日
5 韓愈(韓退之)全詩〈製作年別〉と散文・上奏・哲学論... 2014年3月29日



V杜甫詩1000詩集 LiveDoorブログ
1 杜甫『月夜』と比較してみる 白居易『八月十五日夜禁... 2011年12月10日
2 766年-149杜甫《1557返照》 杜甫詩index-15-766年大... 2015年10月19日
3 秦州抒情詩(10)  搗衣(擣衣) 杜甫 <295> ka... 2012年9月3日
4 絶句漫興九首其二 成都浣花渓 杜甫 <446>  漢文... 2013年4月4日
5 成都(2)浣花渓の草堂(2-1) 蜀相 杜甫 <364> 漢... 2013年1月6日



X.唐五代詞詩・宋詞詩・女性LiveDoorブログ
1 温庭? 菩薩蛮 十四首 index(1) 2012年12月21日
2 岳飛《小重山一首》花間集関連詩 漢文委員会kanbunii... 2015年4月25日
3 浣渓沙 十首 其八 張泌【ちょうひつ】  ]?唐五... 2013年11月11日
4 『菩薩蠻 一』温庭?  ]?唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#... 2012年12月1日
5 贈少年 温庭?  ]?唐五代詞・宋詩Gs-56-9-#花... 2013年1月25日




紀頌之5つの漢詩ページ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝?・?信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
T李白と李白に影響を与えた詩

●孟浩然 詩 index ●李白詩index ●謝霊運 詩 index ●司馬相如 《 子?賦・上林賦 》 ●揚雄 《 甘泉
賦 》 
●諸葛亮(孔明)出師表
曹植(曹子建)詩 65首 index 文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固) ●古詩十九詩 無名氏 (1)漁父辞 屈原 『楚辞・九歌』東
君 屈原
《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内>
●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首 
U中唐詩・晩唐詩

・李商隠詩 (1) 136首の75首 ・李商隠詩 (2) 135首の61首 ●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・?州乱41首 ●韓愈詩index-2[800年 33歳〜804年 37歳]27首 ●韓愈詩index-
3 805年 38
歳・]陽山から江
陵府 36首
●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首
index-5 806年39歳 50首の(2)25首 index-6[807年〜809年 42歳]20首 index-7[810年〜811年 44歳] 34首 index-8 [812年〜814年47歳]46首 index-9[815年
〜816年 49歳]
 57首
index-10[817年〜818年 51歳]・「平淮西碑」28首
index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首 index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首 index-13 821年〜822年 55歳 22首 index-14 823年〜824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首 韓愈 哲学・儒
学「五原」
賦・散文・上奏文・碑文など
孟郊 張籍        
●杜甫の全作品1500首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
V杜甫詩全1500首
杜甫詩(1)736〜751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩53首 杜甫詩(2)752年〜754年、43歳 73首(青年期・就活の詩)  杜甫詩(3)755年〜756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首 杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首 杜甫詩(5)758
年;乾元元年、
47歳 左拾遺、
朝廷疎外、左遷
 53首
杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首
杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首 杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首 杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首 杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首 杜甫詩(11)762
年寶應元年 杜
甫51歳  浣花
渓草堂〜蜀中
転々 43首
杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Wブログ漢・唐・宋詞詩集Fc2ブログ
           
●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集
X.唐五代詞詩・宋詞詩・女性LiveDoor
薛濤の全詩 花間集(1) 花間集(2) 花間集(3) 花間集(4) 花間集(5)
魚玄機全詩 ●花間集(6) ●花間集(7) ●花間集(8) ●花間集(9) ●花間集(10)
温庭?66首 花間集1・2巻 皇甫松11首 花間集二巻 韋莊47首 花間集二巻 薛昭蘊19首 花間集三巻 牛?31首 花間
集三・四巻
張泌27首 花間集四巻
毛文錫31首 花間集5巻 牛希濟11首 花間集5巻 欧陽烱17首 花間集5・6巻 和凝20首 花間集6巻 顧夐56首 花間
集6・7巻
孫光憲47首 花間集7・8巻
魏承班15首 花間集8・9巻 鹿虔?6首 花間集9巻 閻選8首 花間集9巻 尹鶚6首 花間集9巻 毛熙震29首 花
間集9・10巻
李c39首 花間集10巻
 ■最近Best5賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門) 漢詩総合サイト 07ch



211.4.10 住吉神社                           春を詠う詩
    このサイトは、漢文委員会の本サイトが膨大なのでとらえてにいくいので、別の入り口的にジオシティーズを活用させてもらっています。これからも漢詩を身近なものにして行く努力をする漢文委員会をよろしくお願いします。漢文委員会のページは日々拡大・充実、進化していきます。


 花開不同賞、花落不同悲。


 欲問相思處、花開花落時



花が咲く時あなたと一緒に楽しめず、花が散る時あなたと

一緒に悲しめず。

あなたと思いを共にできるところはどこにあるのでしょうか、

それは花が開くときですか花が散るときですか。
海棠花・春の代表花の一つ。・中国原産。江戸時代初期に日本に渡来した。中国では、牡丹(ぼたん)とともに最も愛好される。・花の色がやさしくてなんとも美しい。開花前の、赤いつぼみが垂れ下がる姿もとても個性的です。・4月8日の誕生花・花言葉は「艶麗(えんれい)」作者薛濤せつとうは『海棠渓』という優しい詩を詠っています。


中国の女性詩人
  薛 濤(せつとう: 768年−831年)  中唐の女流詩人。晩年、浣花渓のほとりに住み、

 薛濤箋(せつとうせん=詩を書きしるす小形で深紅色の優雅な紙片)を創製した。


漢文委員会 kanbun-iinkai GeoctiesClub  漢詩総合サイト

2.季節の詩

 ■ 漢文委員会
漢文委員会では盛唐の詩人、王維、李白、杜甫を中心に見ていきます。王維と李白には遭遇の詩は残っていません。杜甫と李白は、ともに洛陽河南地方で行動を共にしています。王維と杜甫は、王維は朝廷の官僚でした杜甫34歳から長安でいわゆる就職活動を10年やっています。その間に接遇していますし、杜甫が念願かなって採用された時には王維、高適、岑参、賈至、王昌齢、王之渙、・・・と漢詩の歴史の大きな部分を占めてしまう詩人たちを誕生させています。



 春を詠う詩
孟浩然 春暁  韋荘 長安の春  蘇東坡 春夜
 杜甫の詩
 ・五言律詩 春夜喜雨  ・五言律詩 江 亭(坦腹江亭暖)
 ・五言律詩 水檻遣心二首  ・五言律詩 春 望 
 ・五言古詩 喜晴 ・五言律詩春宿左省 七言律詩清明二首
 王維の詩 田園楽七首其六 桃紅  田園楽七首其五 山下  暁行巴峡 
 李白詩
 子夜呉歌『子夜歌』のこと。南朝の楽府民歌篇名。『清商曲辞・呉声歌曲』に属す。『呉声歌曲』を略して『呉歌』という。
長江下流、建業(現・南京)の民歌の系統になる。『子夜歌』から生まれたのが『子夜四時歌』で、春夏秋冬から構成される。子夜の名称は晋代の女性の名に由来し、女性の悲しく切ない歌声のことをいう。詩の表現も女性の立場に立って詠うものである。「女性の歎きの歌」の意である
七言律詩 登金陵鳳凰台  ・五言律詩 春 思  
 哭孟寂  張籍   登科後  孟郊   登岳陽楼 杜甫
 登鸛鵲楼 王之渙   滕王閣  王 勃   黄鶴楼  崔   4清明 杜牧

 夏を詠う詩
● 杜甫の詩
  ・七言律詩 曲江二首 其二(朝回日日典春衣) 
  ・七言律詩の秀作。「人生七十 古来稀なり」が、生まれた。
  ・江村             ・江亭 

● 王維詩
  ・五言絶句 欹湖  ・五言古詩 罔川間居     ・罔川集 二十首
  ・六言絶句 田園楽七首
 ● 李白詩
  ・七言絶句(15) 望廬山瀑布  ・七言絶句(10)早發白帝城 李白
  ・五言古詩 清渓行

 ● 孟浩然の詩   ● 陶淵明  四時歌   ● 蘇東坡 飮湖上初晴後雨
 
● 杜荀鶴 夏日題悟空上人院   ● 蘇舜欽  夏意

● 苦熱 白楽天   ● 高 駢  ;山亭夏日


 秋を詠う詩
 秋の詩  index

 ● 杜甫の詩
 五言律詩 月夜(今夜鹿州月) 連行されて間もない晩秋の作。羌村に残してきた家族を想う詩。
 七言律詩 九日藍田崔氏荘(老去悲愁強自寛)  重陽節に、崔氏の藍田
の別荘に招かれる。
 同谷紀行十二首五言古詩  青陽峡  乾元2年10月
 歳五言律詩 草堂即事  浣花の草堂にあっておりにふれてよんだ詩。上元二年十一月の作。
 杜 甫 秋興
 
 王維詩
 五言律詩 山居秋暝 王維

 李白詩
 五言絶句(11)靜夜思    五言絶句(12) 秋浦歌  七言絶句(13) 峨眉山月歌
 漢武帝 秋風辞    蘇 廷 汾上驚秋    劉禹錫 秋風引

 杜 牧 3.山行  15秋夕  23九日齊山登高


 冬を詠う詩
 ● 杜甫の詩
  ・五言律詩 対雪(戦哭多新鬼)   雪に対して感を述べる。製作時は至徳元載の冬
の作。此の年の十月には房?が陳陶斜に敗軍したことは「悲陳陶」詩に見えるが如くである。

 ・乾元2年10月成都紀行十二首 (7)五言古詩  龍門閣(清江下龍門)
 ・七言律詩 冬 至       ・七言律詩 閣 夜

 ● 林 逋 山園小梅

 ●柳宗元 江雪   ●賈島 度桑乾   ● 白楽天 売炭翁

 ●林 逋  山園小梅   ●蘇東坡  食猪肉
 
 女性詩人   初唐 上官婉兒   晩唐 魚玄機   春望詞 薛濤
魚玄機 ぎょげんき  844〜871
中国、晩唐
長安の人。字は尢(けいらん)・幼微。詩文の才能は抜群。女道士になる。召使いの女を殺して死刑になった。
森鴎外の小説「魚玄機」の主人公である。

晩唐の詩人    杜牧の詩    Toboku-shi  とぼくのし
 1.江南春絶句  2.泊秦淮  3.山行    4.清明   5赤壁   6寄揚州韓綽判官
 7.遣懷   8贈別其一   9贈別其二   10金谷園   11過華清宮絶句
 12南陵道中   13 贈漁父   14題烏江亭   15秋夕   16念昔游
 22春日茶山病不飲酒因呈賓客    23九日齊山登高


       



3.唐時代 盛唐の詩人名

■唐時代 盛唐の詩人

203王 翰   おうかん 687 - 726年
204 蘇 廷  そてい  670- 727年
205張 説  ちょうえつ 667- 730年
206張九齢  ちょうきゅうれい 678- 740年
207賀知章  がしちょう 659- 744年
209孟浩然  もうこうねん 689- 740年
蘇軾・東坡:1036-1101
北宋の文人で、詩は宋代第一と称さ
れた。官僚。

眉州眉山の出身。字は子膽、号は東
坡。蘇洵の子、蘇轍の兄。嘉祐2年
(1057)の進士。
210王之渙  おうしかん 688-742年
215王 維  おうい 699-761
216李 白  りはく 701- 762年
218王昌齢  おうしょうれい 698- 765年
219高 適  こうせき 702頃〜765
220 嚴 武  げんぶ  不詳〜765
221杜 甫  とほ 712- 770
230岑 參  しんじん 715- 770年
231 賈 至 かし  718〜772年
王維


罔川集
 1 孟城幼  2 華子岡  3 文杏館  4 斤竹嶺
 5 鹿柴   6 木蘭柴  7 茱萸拌  8 宮塊陌
 9 臨湖亭 10 南 陀 11 欹 湖 12 柳 浪
13 欒家瀬 14 金屑泉 15 白石灘 16 北 陀
17 竹里館 18 辛夷塢 19 漆 園 20 椒 園
1千門 2再見 3採菱 4芳草 5山下 6桃紅 7酌酒
 



漢文委員会 kanbun-iinkai GeoctiesClub  漢詩総合サイト


4.欒家瀬  盛唐の詩人 王維おうい

春を詠う詩     時代に詠う     終南別業 王維     ◎王維の全詩 
●盛唐の詩人 王維の「欒家瀬らんからい」という詩です。
 シラサギという鳥は、いつもつがいでいます。
雨がざあと降ってきた音に驚いたのか、岩の間を流れていく水が、風に吹かれてバシャーッとした音に驚いたのか川の中州にいたシラサギが飛び立って行ってしまった。そのシラサギが戻っていた。
 この詩はさいごの句「白鷺驚復下」にすべてが集約されている。言葉を変えると、この白鷺の動きを言いたいがためにそれまでの三句があると思うのです。
 ものすごく静かな情景を感じます。作者はきっと座禅のように半眼で、見るとはなしに、ただボーッと眺めていたと思います。こんな一日過ごしたいですね。心がきれいになる詩です。


 欒家瀬らんからい

欒家という場所にある早瀬を詠ったものです。

さあっと降る秋雨のなか、さらさらと川水が岩瀬を抜けてゆく

波は跳ねしぶきヲたてて水面に散り落ちる、シラサギは驚いて飛び立つていたがいつのまにかおりていた。




欒家瀬
 颯颯秋雨中、浅浅石溜瀉。

 波跳自相濺、白鷺驚復下。
颯颯秋雨中、浅浅石溜瀉。

波跳自相濺、白鷺驚復下。


欒家瀬 (らんからい)

颯颯(さつさつ)たる秋雨(しゅうう)の中(うち)

浅浅(せんせん)として石溜(せきりゅう)に瀉ぐ

波は跳(おど)って自(おのずか)ら相い濺(そそ)

白鷺(はくろ)は驚きて復(ま)た下(くだ)れり
2010.8.4 柳瀬


■ 王維の詩は心安らぎます。詩が絵として頭の中に残ってくれます。書を書きたくならせてくれる詩人です。王維は感覚で出来上がったものを理詰めで直し書き上げる。自然の美しさを詠い上げる心静かな大詩人です。視覚の美、仏教徒としての静寂な思想と恬淡で清新優美な芸術的風格の詩。
.言葉で語りつくせない余韻を残す詩。静寂な詩の世界に誘われ、読む人の心を豊かにします。          漢文委員会コアセンタートップページ

■ 李白は感覚で瞬時に詩を書きます。六朝から続く美しい詩を最高に発展させた大天才です。李白の作風は豪放磊落という言葉に集約される。調子はリズミカルで内容は細事に拘泥せず、天真爛漫な気持ちを歌ったものが多い。社会の動きに時に目を配ることはあっても、人民の苦悩に同情するところはほとんどないものでした。青年期の詩と晩年の詩に大きな進化は見られない。この進化は杜甫の詩に顕著にみられる。 李白 行路難

■ 杜甫は、最初から詩理論が直感的にでて、幾何学の公式で解き、自己の矜持に照らして完璧に仕上げる。生きているとき、この詩人は苦しみぬき、苦しみを糧として、詩を詠い続けました。中国の詩に燦然と輝く偉大な功績を残しました。


漢文委員会 kanbun-iinkai GeoctiesClub  漢詩総合サイト



5.漢文委員会の漢詩の紹介について

■ 中国の唐時代、宋時代、漢詩は最大の発展をしました。杜甫、李白、王維、孟浩然は同時期の詩人ですが一つの街で同時期に過ごしているのです。お互いの良さをたたえあい、尊敬しあって、偉大な詩が多く作られ、残されたのです。漢詩は、諸々の決まりで作られていますが、漢詩のいいところは決まり事ではありません。中国人の自然に対する、人に対する、生きていくことに対する、愛することに対する・・・・・・・理想を述べているのです。素敵な詩をたくさん載せます。今までの漢詩のページとちょっと違っています。きっと楽しくなると思います。そして、漢詩はたくさん残されていますが、紹介されているのは少しだけです。昔の時代に作られたものをこの漢詩のサイトに一つ一つ積み上げるように紹介していきます。
■  漢詩を和歌や短歌と同じように見ません。

   普通に漢字だけの詩ととらえていきます。

   2文字と3文字のの単語とみていきます。

   新しい感覚で、古い時代の詩歌を解釈していきます。

   その詩歌の作られた背景を考え、解説をしていきます。

   それでもとっつきにくいかもしれません。

 その詩が理解できたら、あるいは好きになったら、誰かに出す、「お手紙」「メール」などの季節の言葉に変えて、書き込まれたら、相手の方のあなたに対しての好感度は高くなるし、手紙を書く楽しさが増します。心豊かになると思います。

 漢詩を学校で、勉強で習った時に、好きになった人は少ないと思います。問題は文法のとらえ方、教え方にあり、読み方にあるのです。英語の学習に文法ほどつまらないものはありませんでした。文法の理解は数多く事例に接すること、何回も読み返して文脈を見ていくこと・・・・、集中し、繰り返し積み重ねていかないとなかなかわかりません。

 文法が要らないというわけではなく、高度に正しく理解するために必要なのであり、漢詩を読むのに好きになるのに必要ではないのです。

 日本人は漢字を見て、意味が分かります。読むことができるのです。だから、江戸時代の人は、江戸時代の言葉で呼んだのです。江戸や明治ではないので、21世紀の漢詩の読み方、感じ方でページを作っていきます。



漢文委員会 kanbun-iinkai GeoctiesClub  漢詩総合サイト



6.各時代の詩人へ移動 index


詩人のindex
   ● 中国歴代の詩人 index  全般
  ■  初唐の詩人 index   618〜712
  ■   盛唐の詩人  index   713〜765
  ■  中唐の詩人  index   766〜826
  ■  晩唐の詩人  index   827〜906
   ● 宋時代以降の詩人 index  907〜
■ 漢文委員会では中国の三大詩人杜甫、李白、王維を中心に
他の詩人たちを見ていきます。当面、三詩人以外では人物像まで
掘り下げてはいきませんが、その詩の良さ、どこが良いのか、なぜ、有
名なのか、なぜ好きなのか。好きでもない詩人の詩歌を紹介できて
も、お薦めはできないないと思います。たとえば、杜甫について、研究
していますが、その詩が好きかと聞かれれば「素晴らしいけど好きで
はない」。李白も同様で、王維が一番好きです。その次は孟浩然、
という具合です。杜甫の詩人としての矜持は尊敬しかありません。ま
た、詩を読んでいくのに、番号を振り当てて、順に読み、それを何度
も繰り返しましたが、杜甫の800首ぐらいを10回読むと10回とも違
った感動を覚えます。また途中途中前回と違った感覚を感じます。こ
ういった読むたび感動の喜びを常に与えてくれる詩人は杜甫だけで
す。
■その作品の残し方伝わり方も、彼らの人生とまったく同様に違っていて面白い。杜甫は臨終でも詩を残し、きちんと整理しますが、死後50年近く経過したのちにやっと認められます。李白の詩は生前から有名で、臨終で地方長官に詩を託したので、かなり正確に残りました。王維は弟を可愛がり、王維自身も人物的に好かれるタイプといえます。死後早い時期に詩集にまとめ朝廷に献上されています。

漢文委員会 kanbun-iinkai GeoctiesClub  漢詩総合サイト