2014年、会社名をリコーインダストリアルソリューションズ鳥取事業所に変更


リコーの精神病社員がアルバイト工員(米村アキラ)に被害妄想を抱き
精神病社員の妄言をリコー社員達が本気にし信じ込み集団精神異常にまで発展し
ついには恥ずかしいスキャンダルをひき起こした.。

暴露人=匿名の鳥取市民






若かった頃のリコーのアルバイト工員だった米村アキラは
リコーの女子社員達から大変もてるなど目立ち過ぎた

容姿だけでなく部落差別より問題があった私立鳥取城北高校で独学で受験勉強をし、同志社・立命館(同志社哲学科辞退、立命館法進学)に合格。高校は米村の同志社合格の実績をアピールし、今まで県立TOP校を滑った生徒は中学浪人していたのに城北高校に進学するようになり
城北高校に優秀な生徒が集まるようになり国立大合格者を輩出するようになり高校の評価は上がった。
米村は鳥取城北高校に対する差別解消に貢献した英雄なのである。

米村がリコーでバイト中のバブルの時期、鳥取市で若い男が車を持たないと人格が否定される風潮だったが、米村は海外放浪のため車を持たず自転車に乗っていた。当時若い男で免許を持っていながら車を持たない生き方を選んだのは鳥取市で米村一人だけだであった。
独自の哲学を持ち社会的地位には興味のない米村は、リコーのバイト工員でありながらリコー社員達から
異端視されかつ畏敬の念を持たれた。



   


1980年代後半リコー工場は地元鳥取市政財界が東京のリコー本社に懸命な嘆願し、ついに誘致が決まった工場である。

特に西汚鳥取市長はリコー本社の社員が建設予定地を視察の訪れた際、平身低頭せざるを得なく屈辱を舐めたそうだ。リコーには鳥取市長といえども頭があがらないのである。それ程リコーは地元では凄い権力を持っている。

また
リコーは「週休4日制」で多くの週刊誌で話題となった。つまり「休みが多い!」と騒がれた。12時間30分労働が実態だが、週刊誌は実態を報道せずセンセーショナルに報道した。

米村アキラは、リコー創立半年頃1989年に時給600円のアルバイト工員に当時日本一過酷なレースと言われた富士登山競走の練習の都合をつけてもらうため行った。バイトは8時間労働週休1日だった。
当時リコー社員の平均年齢は25歳で若い女の子の従業員が大勢いた。イケメンの米村は彼女達から大変もてた。
リコーで最も美しくしい野村妖子さんという総務の女子社員は、米村のパソコンを作動させるパスワードを「 K I Z A 」とし、米村に笑顔で「キザ」というパスワードを渡し恋愛感情を伝えた。

また独自の哲学を持っていたためリコー社員の米村に対する評価は高かった。

米村は山を走る練習のため無断欠勤をしたり練習疲れたのため遅刻をしたりしていた。
総務の井上妬太郎は米村が女の子にもてるのを嫉妬し米村を「休みが多い!」と激怒した。
週休4日制で話題となった会社が週休1日のバイトの米村の欠勤の多さを激怒したので、リコー社員達が精神異常に陥る土台が発生した。激怒された直後、富士登山競走に出場するため休暇を申し出たら許可されなかったのでリコーを辞めた。

米村は半年間のシルクロード陸路横断経由世界一周をしたのち鳥取に帰り、山陰最大の工場鳥取三洋電機の構内にあるテスコという工場の夜勤専属工員となり、人間関係を絶ち会話もせず仕事を休まずに真面目に働き続けていた。余暇は修行僧の如く山を走るトレーニングをしたり、図書館で物事の本質を見極めるための学問に励んでいた。

狭い町だから米村の噂はリコーに伝わった。

リコーの戸田狂暗は統合失調症という精神病になった。統合失調症になると「人が咳をしているのは自分に対する嫌がらせだ!」とかやたら被害感情を抱くのである。米村の現場の担当者の戸田狂暗が米村の無断欠勤の愚痴をこぼしていたので、米村を好きな女の子は戸田狂暗に「米村さんはテスコで休まずに真面目に働いているそうですね」と嫌味を言うようになった。統合失調症の戸田狂暗は週刊誌の「休みの多い会社」報道のストレスもあり「米村がテスコの夜勤で仕事を休まず真面目に働いているのは会社に対する報復だ! 絶対に間違いない!」と被害妄想を口走るようになった。週刊誌で興味本位で、会社の休みの多さを騒がれて心理に歪が生じているリコー社員の数人が「米村がテスコで仕事を休まないのは会社に対する"報復"」という戸田狂暗の被害妄想を事実と思い込んだ。ほかのリコー社員達も戸田狂暗の被害妄想を否定せず半信半疑だった。


戸田狂暗の統合失調症は悪化し被害妄想でパニックになりテスコの元請けの鳥取三洋電機リビング事業部の管理職北村呆助に「米村はうちの会社に報復する目的でテスコの夜勤で休まずに働いている。
みんなが言っている。米村をクビをしてくれ」と頼んだ。

米村の、堕落した被差別高校創立以来の1番という評価や異端さやその魅力的な容姿と、米村が「大会社」リコーに”報復"したという話で、米村はカリスマ的存在になった。三洋は米村をテスコの夜勤から三洋の昼勤にかえた。米村はラジオ体操に参加しなかった。米村のカリスマ性の影響で三洋社員にラジオ体操不参加者が増えて三洋はラジオ体操を10日程中断した。テスコの同僚の岡尊さんも「
みんなが言っている」という"報復"の話を信じ、大企業に報復して凄いと思い込み米村に対して敬意を表し軍隊式の敬礼の姿勢をとった。

三洋リビング事業部の管理職達は米村が「注目を浴びている」のを妬んだ。そして妬みで論理的思考ができなくなり「下請のテスコの工員米村が休まずに働いているのはリコーに対する報復が目的。
みんなが言っている」という妄想話を事実と思い込んだ。テスコの森信安社長も三洋リビング事業部で広がっている「みんなが言っている」という”報復”の噂を信じ米村の解雇に同意し、結局リビング事業部管理職北村呆助が米村にクビを言い渡した。

関係者はすぐにおかしいと気づきあわててもみ消しを図った。

ところが狂気の妄想事件は発覚して地元鳥取市でスキャンダルになった。
一流企業の馬鹿話を庶民は喜んだ。
リコーに頭のあがらない西汚鳥取市長も大喜びしたのは言うまでもない。

図書館で米村と顔なじみの松本ゆう子さんも下っ端の米村に大手企業の社員達が妄想を抱き振り回されたされたのを面白く思い、『夢幻』という題名で「権力者を手玉にとった果心居士」の物語を書きコスモス文学新人賞を受賞した。

問題発生8ヵ月後の1994年7月7日の、『夢幻』コスモス文学新人賞受賞を報道する地元紙日本海新聞


その後リコーや三洋と同業種の電機関係の工場に
米村は女の子に凄いもてそのため大変なトラブルが発生するという噂が伝わった。
米村が電機関係の工場に面接に行くと
面接担当者は「うちの会社には若い女の子が大勢いる。若い女の子の統制を乱す人は困る」
と米村に言い採用を断るなど電機関係の工場には就職できなくなった。

米村はFYは工業という土建屋に就職した。
米村問題を「無いかった事」にしようとしている大手企業リコーが
車社会で目立つ米村の自転車通勤を不快に思っているのを、亀山笑太社長は知り
話を面白くしようと米村の自転車を盗んだ。
リコーのもみ消しの影響で米村は自転車を盗まれるという甚大な被害をこうむった。
自転車盗難事件は米村のサイト参照。 自転車盗難事件(米村のサイト)

鳥取市民は「大会社」リコーと鳥取三洋の権力に怯え米村本人には事実を教えず
米村自身は自分の周りで何が起こっているのか分からなかった。
しかし米村は中年になり容姿が衰え女の子にもてなくなり魅力がなくなり
米村のカリスマ性は消え問題は収束に向かった。


2000年4月から、米村はリコーとのおかしなトラブルの情報収集を第一の目的としインターネットを始め「僕が仕事を休まずに働いてリコーに報復したという噂を流されクビなった」と訴えても、非現実的過ぎるため逆に米村がキチガイ扱いされた
事情を知っている鳥取市民は地元「大会社」をキチガイ扱いするわけにはいかず黙っている。しかし米村は地元の小市民とは違い、世界40ヶ国以上を放浪した海千山千の強者だから毅然として「大会社」とのトラブルの情報収集活動を続けている。



テレビのワイドショーで「身長180センチの大男が女装して女便所に侵入」とか
「高校の男性教頭が男子生徒の性器を触った」とかキテレツな事件が報道される。
かなり以前地元鳥取でも、女性のお尻を触ったら彼女は婦人警官で逮捕され笑い物になっていた。

週刊誌が「週に4日も休み会社出現!」と騒いだ一流企業リコーの工場が
辞めたアルバイト米村が、他社に就職して仕事を休まず真面目に働くのはうちの会社(リコー)に対する”報復”
と被害妄想を抱き、そのリコーの元アルバイト米村が他社を解雇される
というこのキテレツな事件が表沙汰になれば、テレビのワイドショーが報道する。
テレビで全国的に笑い物になりたくなければ、リコーは米村に慰謝料を払いこの問題を解決すべき。



ところで「超一流企業リコーインダストリアルソリューションズ鳥取事業所」というサイト何なんだ?
リコー社員のヌードが掲載されているな。偽サイトか?


「超一流企業リコーインダストリアルソリューションズ鳥取事業所」検索結果


事情をはっきり知らない米村が作ったサイト


発覚している不祥事のもみ消しを図り沈黙し続け、見苦しい醜態を晒すリコー哀れ