このページについて 私の本のご紹介
KDPという個人出版ができると言う事なので、サイトにも一部載せていた夏目漱石の坊っちゃんなどなどを電子書籍で出してみました。思いの外簡単に出来てしまったので、書き下ろしの作品なども色々と出してます。調子に乗ってます(オイオイ)。すいませーん、アハハ
●作者こと私の紹介ページ。私はおそらくこんな人間です。
(Amazonの著者紹介ページ)←クリックしてね

メニュー
明治の文豪の書いた小説を今の言葉で判りやすく書いてみました。どんな点が魅力か、軽くアピールしてみます。

夏目漱石
明治の文豪の夏目漱石の書いた小説。単純で向こう見ず、今も昔も若者はそんな考え無しの無茶ぶりが目に付くものです。まっすぐで折れる事を知らないお坊っちゃん育ちの青年が、思い通りに痛快に生きています。自分の生きたいように生きているんだ、ってのが魅力だと思います。Kindleでのサンプルと同量位の第一章をまるまる掲載。他にも吾輩は猫であるも掲載。
←のテキストボタンをクリックすると飛びます。

南方熊楠
内容的には残酷な西洋版遠野物語ってカンジですかね。でも、もうこの人の著作はいやだー。それは柳田先生の比では無い。何なのこの人?紙一重。博識過ぎて話が飛び過ぎてて付いて行けねーや、なので「人柱の話」のみ終わらせて何とか出版してみました。注釈つける作業がマジパネエです。調べても調べても、調べ足りないです。最初に途中までやって人柱で懲り懲りしてほったらかしてあった干支の話をせっかくですので掲載しますね。と言いつつ私も脱線してたりします。
←のテキストボタンをクリックすると飛びます。

おまけ。その他の作家の作品をご紹介。
←クリックで飛びます。

←クリックすると飛びます。宮沢賢治と柳田国男ゆかりの地、岩手観光の写真です。ゆかりの地をご紹介しつつ作品の解説をしております。ぜひご覧下さい。

←クリックすると飛びます。柳田國男著書の石神問答の内容を一部掲載してご紹介しております。なぜかルイス・キャロルの『スナーク狩り』があったりします。

柳田國男を崇拝していた折口信夫です。作品集に注釈など付けてますが、ちょっとご紹介しておきます。←クリックすると飛びます。
ブログにて、井上円了氏の『日本漫周遊奇談』を掲載中!むかしの日本国内を旅行した著者のメモ書きのような話です。

森鴎外著書の内容紹介
夏目漱石の本が大衆的だとすると、かなりエキゾチックな香の高い文調と内容だと思います。『森鴎外舞姫・その他』この異国情緒的な作品、私は好きなんですけど、あんまり読まれてません。ガッカリ。

工事中wait!
私のオリジナル作品のご紹介ページ