MEMO1  先手左銀進出型 (2)  (2003年記)

先手左銀進出型 1/2

先手左銀進出型 1/2

▲HAHAHAHAHA六段VS△某六段戦より。相振り飛車の序盤戦術を紹介します。

上図以下の指し手
▲8六歩  △7二銀
▲8五歩  △6二玉
▲6八銀  △5二金左
▲7四歩  △同 歩
▲同 飛  △7三歩
▲7六飛  △7一玉
▲7七銀  △2四歩
▲6六銀  △2五歩
▲7五銀  (下図)

いきなりの左銀の進出によって、後手の美濃囲いは、上部への駒組みの進展ができません。先手作戦勝ちなのではないでしょうか?この先手の序盤戦術はなかなか優秀だと個人的に思っています。

(参照サイト:将棋倶楽部24

次項では、相手が矢倉を目指してきたときの将棋を紹介します。

先手左銀進出型 2/2

先手左銀進出型 2/2

前項の続き。 前項同様、▲HAHAHAHAHA六段VS△某六段戦より。 上図は前項上図と似たような局面ですが、別の棋譜です。後手は矢倉を目指してきます。

上図以下の指し手
▲6八銀  △5二金左
▲7四歩  △同 歩
▲同 飛  △7三銀
▲7六飛  △7四歩
▲7七銀  △6四歩
▲8六飛  △7二金
▲7六銀  (下図)

後手が矢倉形のときはこんな感じになります。 この局面をどう見るかですが、とりあえず棒銀をいつでも狙える体制を整え、 先手らしく主導権を握っていると言えると思います。 以下は相手の攻撃陣に合わせて自陣をうまく囲いつつ攻めを狙う、といった展開でしょうか。 攻撃的な方にお勧めできる形です。

(参照サイト:将棋倶楽部24

↑TOP   >> BACK TO MENU

MEMO2  昔々の相振り飛車  (2003年記)

昔々の相振り飛車

1947年、▲高島一岐代VS△松田茂役戦より(敬称・段位略)。 今でこそ相振り飛車は定跡化されてきましたが、 昔は全然存在しなかったので先人達は序盤戦術に苦労されたことでしょう。

上図以下の指し手
▲5八金左 △3二飛
▲4六歩  △4二銀
▲4七金  (下図)

ここから先手は美濃囲いへ。 以下相手の形に合わせて、左銀は6七もしくは5七、飛車は8、7、6筋から選択して駒組みを進めます。 本譜は▲6七銀、▲7八飛型。7筋の歩は交換しますが浮き飛車にはせず▲7八飛に引いています。 飛車の横利きを必要としない(▲4六歩の形だから。しかし後手が三間から四間飛車に移行しようと している気配が見えるときはまた別か) 展開では引き飛車での戦い方もあり得るということでしょう。

現代相振り飛車で、後手向かい飛車相手に早目の▲3七銀型を目指したり、 後手三間飛車相手に早目の▲2七銀型を目指すのと同じような意味合いがあるといえます。 相手の意表をつくために試してみるのもよいかも。特に△5三銀型三間飛車相手には有効な気がします。

↑TOP   >> BACK TO MENU

MEMO3  矢倉VS棒銀  (2003年記)

矢倉VS棒銀

自分の対局より。相手は三段の方。上図の時点ですでに作戦負けなのでしょうか・・・?

上図以下の指し手
▲6五歩  △5五歩
▲7五歩  △3五歩
▲同 歩  △同 銀
▲3六歩  △2六歩
▲同 歩  △同 銀
▲同 銀  △同 飛 (下図)

角交換を簡単に拒否され、棒銀で攻めの銀と守りの銀を簡単に交換されてしまいました。 相振り飛車の場合、角が相手の攻撃陣をにらんでいるため、 押さえ込んで受けつぶしという指し方もよく出てきます。 しかし下図ではこちらの守備陣が低すぎ、左銀も働いていなく、 かつ相手の飛車が横の筋にも動きが軽いため、全然押さえ込むことができません。

以下、逆に相手に△9三銀〜△8四銀と押さえ込みにこられ、秒読みに追われて悪手を連発し、完敗しました。 8筋の歩交換を逆用された感じです。相振り飛車は、ほんとに難しい・・・。

後日注: 「押さえ込んで受けつぶし」という言葉より「攻め駒を攻める」という言葉の方が適切かな。 本譜、手数のかかる矢倉を目指すのなら、左辺に手数をかけず囲いを急ぐべきだったか。 ▲4七金左まで組みあがっていれば、△3五歩には▲4五歩と反発できます。

↑TOP   >> BACK TO MENU

MEMO4  矢倉VS美濃囲い  (2003年記)

矢倉VS美濃囲い

▲CHAGEASU六段VS△某五段戦より。先手としては、窮屈な左銀をどうやって世に出して、 いい攻撃陣を組み上げるか、ということがポイントのひとつといえます。

上図以下の指し手
▲7五歩  △同 歩
▲同 角  △1三角
▲9五歩  △7四金
▲8六角  △9五歩
▲9三歩  △同 香
▲7六銀  △4五歩
▲8五銀  (下図)

まず7筋の歩を交換して銀の進路を作ります。 そして端を絡めて全軍躍動の攻め。9三への歩のたたきのおかげで、 8五に桂が進出したとき香にあたるようになっています。勉強になります。

(参照サイト:将棋倶楽部24

→NEXT PAGE   ↑TOP   >> BACK TO MENU