MEMO1  VS超急戦・手順前後  (2003年記)

VS超急戦・手順前後

1986年、▲羽生善治VS△小阪昇戦より(敬称・段位略)。後手三間飛車に対する先手最速の仕掛け。 正直、後手三間飛車を指していてこの仕掛けられ方はかなり嫌いです。 しかし24では皆居飛車穴熊もしくは5七銀左・3七桂型急戦ばかりで、これをやられたことはないですが。 24万局集で検索をかけたところ、12局くらいヒット。

さて、定跡では、▲4五桂の前に▲3三角成△同銀をいれることになっています。 単に桂跳ねだとどうなるか。

上図以下の指し手
△8八角成 ▲同 銀
△4六角  ▲2九飛
△3三桂! ▲4七金
△6四角  ▲3三桂成
△同 飛  ▲4六歩
△5三飛  (下図)

△3三桂がうまい切り返し。後手良し。 この後、羽生先生の腕力を持ってしても逆転できなかったくらいなので、 プロ的には相当大差なのかも(笑。いや、失礼!)。

終局までの棋譜および詳しい解説は「将棋世界」2003年4月号に載っていますので、深く知りたい方はそちらをどうぞ。 また、この居飛車超急戦に対する後手の指し方の新手法が、 「コーヤン流三間飛車の極意 急戦編」 にも載っていますので、そちらも参考にしてみるとよいでしょう。

↑TOP   >> BACK TO MENU

MEMO2  終盤・升田の寄せ  (2003年記)

終盤・升田の寄せ

1935年、▲升田幸三VS△福岡久一戦より。上図での正着は?

上図以下の指し手
▲3三香  △4三玉
▲4二竜  △同玉
▲3一銀  (下図)

以下詰み。以下△3三玉には▲2五桂以下。△5三玉には6四金以下。8六にある香の利きが働いてきます。 さかのぼって2手目△同桂には▲2二金以下、△同玉には▲2五桂または▲4五桂で詰みです。

しかし実戦は、左図以下▲2二金(?)で後手投了(?)。詰んでいるんでしょうか? 詰め将棋ソフトにかけたところ、△4三玉で詰んでいないっぽいんですけど・・・。 さらに自玉は△3六桂以下の詰めろ。 まぁ、△4三玉に対し▲4七金と桂をとれば▲5五桂以下の詰めろを見せて必勝ですけどね。 これが棋譜を汚さない美しい投了ってやつですか(?)。

2004年5月追記:私の読みが浅はかでした。▲2二金でも後手玉は詰みます。 ▲2二金以下、△4三玉▲4二竜△同玉▲5一銀△5三玉▲6四金△4三玉▲5四角成、以下19手詰。 なお、上図における最短の詰め手順は、▲3三香でも▲2二金でもなく、

▲4一銀  △2二玉  ▲4二竜  △3二飛
▲3三金! △同 桂  ▲2一金! △同玉
▲3二銀成 (後半は手順前後可)

以下13手詰でした。「激指」先生に感謝(というよりこのくらい読みきってくれ、俺・・・)。 升田先生、福岡先生、大変失礼いたしましたm(_ _)m。

↑TOP   >> BACK TO MENU

MEMO3  VS右四間・定跡類似形  (2003年記)

VS右四間・定跡類似形

自分の将棋より。三間飛車VS右四間飛車の急戦定跡の類似系。 「定跡外伝2」 の局面と比べ、▲7五歩、△4二銀の交換が入り、また飛車の位置も違います (7八ではなく8八。後手から角を成ってきたため)。 定跡ではここで▲6八歩と打って局面を収めたあと、8筋の歩を伸ばして互角と言われています。 ただ本局面では飛車の位置が違う(△4五角等があまり恐くない)ので、 6筋を受けずに▲8六歩や▲4六歩もあるかも。

上図で▲6八飛と受けるのは、△4五角で後手有利、と言われていますが、 よくわからないので考えてみました。

上図以下の指し手
▲6八飛  △4五角
▲9八角  △3五歩
▲8六歩  △3三銀
▲6五角!?△同 飛
▲6六銀!?△6二飛
▲5六銀  (中図)

この局面をどう見るかですが・・・若干後手有利ですかね。 また、△3三銀のところ△3四角と落ち着かれることも考えられます。 後手の角に威張られると先手陣は全く身動きがとれず(6八の飛、9八の角、5八の金が釘づけ)、 しかも9筋からの角のイジメがあるので先手大変です。なお実戦は、上図以下

▲6八飛  △4五角
▲9八角  △6七歩成
▲同 金  △同角成
▲同 飛  △6六金
▲同 銀! △同 銀
▲同 飛  △同 飛
▲5五角!  (下図)

で詰めろ飛車取りとなり終了。

2004年1月追記: 上図から中図までの自分の研究手順は、最善ではないようです。 「VS右四間かんたん講座」の中で説明する予定です。

↑TOP   >> BACK TO MENU

MEMO4  VS超急戦・コーヤン流 (2)  (2003年記)

VS超急戦・コーヤン流 1/2

VS超急戦・コーヤン流 1/2

▲某六段VS△kabagon六段戦より。後手三間飛車に対する、居飛車最速の仕掛け。 三間飛車側が△8二玉型ではなく、 将棋本「コーヤン流三間飛車の極意・急戦編」で紹介されている「△7二玉・△9四歩型」になっています。

上図以下の指し手
△4六角  ▲2九飛
△4二飛  ▲3三桂成
△同 桂  ▲4七歩
△5五角  ▲6六銀
△6四角  ▲3五歩
△2五桂?!▲3三角
△3六桂  (下図)

まだここまでは効果はわかりませんが、 後手としては「△7二玉・△9四歩型」が活きる戦いに持ち込みたいところ。 以下、30秒秒読みの指し手のため最善の応酬ではないですが、 それでも六段クラスの棋譜は非常に勉強になります。最終盤は次項で。

VS超急戦・コーヤン流 2/2

VS超急戦・コーヤン流 2/2

▲某六段VS△kabagon六段戦より。 前項の続きの最終盤。先手玉の回りにはなんの駒もなく、無仕掛け図式ですが。

上図以下の指し手
△7七桂  ▲同 桂
△8九飛  ▲7九銀
△7八金  ▲同 玉
△8八金  ▲同 銀
△6九角  ▲8九玉
△7八金  (下図)

相手玉が狭いうえにこれだけ持ち駒を持っていると、見事に詰むものです。 最終局面を見ると、後手は見事に端の一手を活かしていると言え、 逆に先手は端歩を付いていないことが祟ったとも言えます。こういう勝ち方をしてみたいものです。

(参照サイト:将棋倶楽部24

→NEXT PAGE   ↑TOP   >> BACK TO MENU