に戻る  に戻る
みなみやま2008summer中国東北三省・山東省・河北省・天津・北京旅行記23
内蒙古自治区海拉爾、ホロンバイル大草原と満洲里国門、黒龍江省ハルピン・牡丹江・吉林省長春、延吉、図們、延辺朝鮮族自治州延吉、龍井、遼寧省瀋陽・中朝国境丹東、大連、山東省煙台、青島ロウシャン・河北省承徳と秦皇島・天津古文化街・北京・天津高速鉄道・北京胡同旅行記
大連で「餃子の王将」へ行く。

「北京〜ハルピン間は鉄路で1249キロです。 ちなみに北京〜上海は1463キロ。 とりあえずハルピンに行こうというのは、mustafaさんの冬のハルピン(哈爾濱)旅行を参考にしています。 あとは、国境の町図們と延辺朝鮮族自治州ですね。 それと、モンゴル高原も捨て切れません。」
『みなみやま記』
大連で「餃子の王将」へ行く。
2008大連・餃子王将大連・餃子王将

実は、大連では何故か「餃子の王将」に行きたいと思っていた。
東北三省で本場の水餃子を食べてきた後にである。

それは何故だろうか?

読者のみなさんお楽しみに。


2008大連/
国門賓館国門賓館午後1時49分

昼食はまだだった。
国門賓館を出る。
中山広場へ向かう。

バス停を確認する。
2008大連 2008大連 2008大連

「人民路」バス停だった。
15路。16路、760路。

中山広場をぐるっと回る。
戦前の建築物がそのまま残っている。
2008大連・中山広場 2008大連・中山広場 2008大連中山広場 2008大連中山広場 2008大連中山広場 2008大連中山広場 2008大連中山広場 2008大連中山広場

こんな感じである。
中山広場から、解放路へ入る。
教会建築もある。
2008大連 2008大連

遅い昼食にありつける。
蘭州拉面と書かれている。
間違いはないだろう。
2008大連・蘭州拉面蘭州拉面
小さな店だが、おいしかった。
麺は、注文が来て手打ちだ。
若い女性が先に麺を食べていた。
それなら、間違いはない。

2008大連

道路沿いに「○○朝鮮飯店」という店を見た。
ハングルでなく、漢語で書かれているのはなぜだろうか?

どれだけ歩いただろか?
行き止まりだ。
2008大連
今度は違う道を下がっていく。

どうもあとで調べると友好広場への友好路のようだ。

明らかに日本語の店名が多くある。
2008大連 2008大連 2008大連 2008大連 2008大連 2008大連 2008大連

こんなに多いのは大連に日本人駐在員が多いからだろうか?

気分的には、少々「嫌な?」気分になった。
夜になると、「インチキ金持ち日本人」が集まるのだろか?
そう思ったのだ。
2008大連 2008大連
そこで、南山路に左折、労働公園へ向かう。
目的は、頭書の「餃子の王将大連店」へ行くためだ。
 「労働公園」そばに繁華街があるらしい。

2008大連「労働公園」 2008大連「労働公園」 2008大連「労働公園」
2008大連「労働公園」 2008大連「労働公園」 2008大連「労働公園」

2008大連「労働公園」 2008大連「労働公園」 2008大連「労働公園」

労働公園は、市民のいこいの広場だ。
その公園の先には高層ビルが立ち並ぶ。
それが不思議な景観をかもし出している。
労働公園の北門を出る。
そのまま、道路を渡ると「友好街」(友好路とは違う。)に出る。
その先の青3街1号に「餃子の王将」はあった。

2008大連 2008大連 2008大連


値段は、高いが味はよかった。
ここでは、生ビールを頼んだ。
あわせて、30元弱払った。

さらによかったことは、レジ横に、日本の情報誌が置いてあったことだ。
これは早速拝借しておいた。
これが大変あとで役立ったのだ。
「餃子の王将」のオススメのもう一つの理由だ。

2008大連 2008大連 2008大連 2008大連

これが大連の王将餃子だ。
生ビールは「Asahi」だ。
味には満足。
来たかいはあった。
2008大連王将餃子 2008大連 2008大連 2008大連

いい気分で店を出る。
そのあと、青三街から栄盛街を経て、大連火車站の站前へ行く。
2008大連青三街 2008大連 2008大連 2008大連
ここから、路面電車201に乗り、興商街で路面電車203に乗り換え終点の小○島站まで行ったのだった。

2008.11.14記
          に戻る  に戻る