に戻る  に戻る
みなみやま2009winter韓国・その4順天市の朝、そしてバスツアーが始まる。
鄭 銀淑著 『マッコルリの旅』を歩く全羅道「酒と食」紀行4 2009「  」

「歩き方」「旅スケ」掲載『全羅道「酒と食」紀行』
釜山から全羅道/順天・麗水・全州へ。大田・テジョンから釜山へ鉄道の旅。 旅行時期:2009/02 旅行先: 【韓国】チョンジュ(全州), スンチョン(順天)



二日目に突入した。
ここは全羅南道スンチョン市。
順天は3回目か4回目。
町の様子はわからないままきた。

ゆっくり朝の時間を過ごした。
朝食がてら在来市場を見に行く。
2009「  」 2009「  」
冬場で、キムチ用の白菜が見られるのがやはり韓国だ。
そしてねぎは、束が太い。

日本のねぎが、小分けしているのが普通だ。
韓国は野菜が安いから、束も太くなる。

2009「  」 2009「  」
時間があれば、ゆっくりと楽しんでいいのだが。
とりあえず駆け足で通り過ぎる。

2009「  」 2009「  」
ここが順天駅前の反対側の様子。
ここキムパプ屋が並んでいる。

2009「  」 2009「  」
スンチョン駅前については、マッシーさんの旅行記が詳しい。
年初めの韓国旅行は順天から(2008年1月3日〜1月6日)・2日目を紹介します。

2009「  」 2009「  」
みなみやまは、左側のキムパプ屋へ入る。
実は2回目なのだ。


2007春の韓国みなみやま晋州・求礼華厳寺・麗水・順天旅行記 で登場。
::追記(2008.1.13)「このお店の名前は『チョンソンキムパブ専門店』です。」 「」「順天のキムパブ屋さん、今回はお世話になりました。 みなみやまさんの以前の旅行記を再度読んでみました。 旅行記に出てくる画像を見てピンと来ました。 あのお盆の模様とキムチが乗せられた皿の形。 私もこのお店行きました!」(「ミーのホームページ」マッシーさんからのコメントです。) ::

2009「  」 2009「  」
これがキムパプ。
値段は2000ウォン。
コンナムルとテンジャンチゲが、おいしい。
2009「  」 2009「券売機  」

店を出て麗水行きの市外バスを再度検証する。
判らなかったら近くにいる運転手に聞いてみるといい。
親切に教えてくれるはず。
2009「  」 2009「  」

モーテルに帰る途中、日本語の居酒屋を発見した。
どういう客筋かはわからない。
しかし、そんな店があるのが順天ではおかしくないのだろう。
2009「  」 2009「  」

左のクワンジュヨインスクは前回泊まったような気がする。
一度入ったが返事がなく止めた。
ウォン安なので少しいいモーテルに行きたいのだが、うまくいかない。
やはり優雅な旅行には向いていないようだ。
2009「  」 2009「  」
そろそろバスツアーに出発しようか?
モーテルを出る。
2009「  」 2009「  」 2009「  」 2009「  」

これが順天駅の画像。
いままでで、一番いい画像だ。
2009「  」 2009「  」
全羅線もKTXが走るらしい。
そのために、順天駅は新駅舎が工事中だ。
2009「  」 2009「  」
振り返ると、順天駅の反対側にキムパプ屋が並んでいる。
右は、観光案内所である。
2009「順天シティバスツアーの専用バス  」 2009「順天シティバスツアーの専用バス  」
順天シティバスツアーの専用バス。
順天市の見所が描かれている。下は、観光案内所の観光案内地図。
2009「案内板  」 2009「  」

今日の乗客が三々五々と集まってきた。
総勢10名ばかり。
女性ガイドと運転手が付く。
料金は8千ウォンでマッシーさんが来たときより二倍に値上がりしているが、 追加料金はなし。

ガイドさんが説明をしているが理解は出来ず。








   に戻る  に戻る