ようこそ、 みなみやま新中国旅行記へ!! 2011年 「中国東北三省・山東省・河北省・天津・北京旅行記 内蒙古自治区海拉爾、ホロンバイル大草原と満洲里国門、黒龍江省哈爾濱ハルピン・牡丹江・吉林省長春、図們国門、延辺朝鮮族自治州延吉、龍井、遼寧省瀋陽・中朝国境丹東、大連、山東省煙台、青島ロウシャン・河北省承徳と秦皇島・天津古文化街・北京・天津高速鉄道・北京胡同旅行記 2008年6月北京2泊3日ショートトリップ。 2007年中国シルクロードの旅」『最新!!2007夏中国ウルムチから時計回りにタクラマカン砂漠を完全に1周してきました。西は、カシュガルまで。トルファンと天山天池。烏鎮もいきました。 2010年新設サイト「みなみやま先生の地理学習 地形図の読図「海津」の図幅から読み取れること2百瀬川扇状地地形図滋賀県「海津」
















みなみやま新中国旅行記
- 中国 田舎めぐりの旅-
2012年 7月18日更新 ---ホームページ製作者:みなみやま SINCE2002-2011  

   ようこそいらしゃいました!! あなたはCounter 番目の訪問者です。
『みなみやま東アジア旅行記』更新情報 履歴1 履歴2   新掲示板(2010年7月)  
画像: (C)Minamiyama-中国福建省下洋初渓明・清土楼風景区  
⇒『みなみやま東アジア旅行記』に戻る
ようこそ、みなみやま新中国旅行記へ!
ここで紹介するのは、自称みなみやまの2002年から2011年の東アジアの一人旅です。パック旅行ではない自己流の旅行も楽しいものです。決して贅沢な旅行はしていません。それを、旅行記にしました。この旅行記は、みなさんの旅行記がどのガイドブックより役に立つことを実感したことで書いています。どこまで、役立つかは別として、そんな生かし方もあるのではないでしょうか?
みなみやまSoutheasta Asia旅行記
マカオ・香港旅行記 2006夏2009夏
タイ(ミャンマー越境)旅行記 2006春/2008春/2009春/2009夏
ヴェトナム旅行記 2006夏/2009夏
ラオス旅行記 2009春・2009夏
カンボジア旅行記 2009夏アンコールワット・ベトナム越境
みなみやまタイ(ミャンマー越境)旅行記 2006春/2008春/2009春/2009summer
みなみやまシンガポール・マレーシア・タイ南部ボーダー旅行記 2008春
みなみやま韓国旅行記 2002夏/2003/夏・秋/2004/春・夏/2005/1月/2月/6月/8月/10月 2006/2月/10月2007/2月/4月/9月/12月/2009/2月9月/2010年
みなみやま台湾旅行記 2002夏・2002秋・2007夏
みなみやま石垣島・竹富島・西表島・与那国島旅行記 東アジア旅行記番外編・台湾旅行記へのプロローグ
みなみやまアジアアジアバスターミナル・フェリーターミナル・鉄道駅・地下鉄駅情報
みなみやま海外旅行よもやま情報
中国旅行データーベース 中国地図から旅行記を検索 中国旅行情報庫 中国旅行なんでも掲示板
「地球の歩き方」『旅スケ・・みなみやま編』紹介 since2009
みなみやま2010年中国旅行情報編
2009年は中国旅行はお休みした。春、夏と東南アジア特に中国に隣接するインドシナ半島の国々を歩いたからである。 中国とラオス、ベトナムの国境越えをやはり模索しての準備である。 どのようなプランができるか、それとも、行ってから考えるか、それは未定である。 とにかく、「上海万博」が大きなポイントになりそうである。とりあえず、情報を集めてみたい。 2009.12.13

和諧号 和諧号 寧波站 山西省大同雲崗石窟
気になる最新情報
「2009年9月(中国通信=東京)杭州28日発新華社電によると、時速250キロの甬台温鉄道(浙江省の寧波と台州と温州を結ぶ鉄道)と温福鉄道(温州と福建省福州を結ぶ鉄道)が同日、正式開通した。浙江で初めての高速鉄道で、これまで15時間もかかっていた杭州と福州は5時間で結ばれることになった。  甬台温鉄道と温福鉄道は国家鉄道網沿海高速鉄道の一部。浙江省区間は351キロで、平均時速は200キロ、最高時速は290キロ。寧波、奉化、寧海、台州、温嶺、瑞安、蒼南など19の駅が設置されており、浙江省の台州地区に鉄道がなかった歴史に終止符が打たれた。」
上海情報【上海旅遊集散中心】 上海情報【COOL上海】
【上海南站⇔福州D3101列車時刻表(動車組(新幹線))】中国鉄路 【上海・杭州の列車時刻表(新幹線と快速列車)】
上海万博公式ホームページ
「2010年上海万博会概況 時間:2010年5月1日―10月31日 場所:上海市中心黄浦江両岸、南浦大橋と盧浦大橋間の濱江地区 テーマ:より良い都市、より良い生活 副テーマ:都市多元文化の融合 都市経済の繁栄 都市科学技術の革新 都市コミュニティーの再生 都市と農村の対話 目標:200の国家と国際機関の出展、7000万人の見学者を誘致」

「 2010年1月1日から、入場券は予備販売3期の販売を開始する。予備販売3期で、指定日入場券と平日入場券の価格は、現在の180元と140元から190元と150元に調整される。また、3回入場券、7回入場券と割引券(平日割引券と指定日割引券)も販売開始する予定だ。 」
みなみやま2008summer中国東北三省・山東省・河北省・天津・北京旅行記
内蒙古自治区海拉爾、ホロンバイル大草原と満洲里国門、黒龍江省哈爾濱・牡丹江・吉林省長春、図們国門、延辺朝鮮族自治州延吉、龍井、遼寧省瀋陽・中朝国境丹東、大連、山東省煙台、青島ロウシャン・河北省承徳と秦皇島・天津古文化街・北京・天津高速鉄道・北京胡同旅行記
「北京〜ハルピン間は鉄路で1249キロです。ちなみに北京〜上海は1463キロ。 とりあえず哈爾濱に行こうというのは、mustafaさんの『冬のハルピン旅行記』を参考にしています。あとは、国境の町図們と延辺朝鮮族自治州ですね。それと、モンゴル高原も捨て切れません。」『みなみやま記』
map  承徳 承徳
(C)Minamiyama2008河北省承徳・外八廟『普陀宗乗之廟』大紅台と『須弥福寿之廟』
1.みなみやま2008summer中国東北旅行記INDEX 2.みなみやま中国よもやま情報
3.1日目成田・上海浦東入国・北京 4.2日目・北京から長春までCRHの旅、北朝鮮レストラン仁風閣で冷麺を食べる
5.3日目前半早朝6時図們着、中朝国境で北朝鮮に足跡を残す。 6.3日目 後半延吉は、ALL朝鮮ワールド。
7.4日目前半/1日吉林省延辺朝鮮族自治州を歩き回る。 8.4日目後半/延吉市の静かな午後と連泊最後の夜。
9.5日目吉林省延吉から図們、黒龍江省牡丹江。さらに 哈爾濱へ。 10.6日目前半/哈爾濱から中露国境満洲里まで。二日で1600キロを走破!
11.6日目/満洲里でロシア人に会う。ホロンバイル大草原を駆け抜け、海拉爾往復。 12.7日目・満洲里発。昼間硬臥車でジャラントン、チチハル、哈爾濱。その1
13.満洲里発。昼間硬臥車でジャラントン、チチハル、哈爾濱。その2 14.8日目/黒龍江省哈爾濱の一日、キタイスカヤ。「731部隊遺址」。
15.家楽福(Carrofourカルフール)。哈爾濱の元祖「老東方餃子王」 16.哈爾濱発「特快T184次」で瀋陽へ。ドイツ人少年と家族との楽しい出会い
17.瀋陽の街で宿探し。金三角飯店へ。そして瀋陽故宮。張氏師府博物館。 18.瀋陽から鉄路で中朝国境の町丹東へ。
19. 遼寧省丹東中朝国境鴨緑江観光船から見た北朝鮮すべて見せます!! 20.丹東・「鴨緑江断橋」
21. 9日目。丹東の朝鮮族と韓国人オルシンたちと過ごした丹東の夜 22.10日目。 遼東半島縦断、丹東市から大連市へ高速公路をバスは走る
23. 大連で「餃子の王将」へ行く。 24.10日目。大連「おふくろ亭」で久しぶりに日本語を話す。
25.11日目。早朝の大連中山広場の建築群 26.11日目。遼東半島から山東半島へ。渤海を渡る大連発煙台行き
27. 北京オリンピック直前、山東省地方都市・煙台も沸いていた 28.12日目。山東省煙台(イェンタイ)の朝。青島(チンダオ)へ。
29. 山東省青島で奥博維特国際青年旅舎(YH)に連泊する。 30. 3回目で青島を初めて満喫する。
31.青島ロウシャン一日旅遊, はじめは「天后宮」「小青島」へ行く 32.青島「労山風景名勝区」その1「海上名山第一」「巨峰遊覧区」山頂と六合亭。
33. 青島「海上名山第一」「労山風景名勝区」その2/「巨峰遊覧区」労山を下山する。 34.14日目青島最後の夜は2008.8.7オリンピック前夜
35.15日目:8月8日青島→高速鉄道CRH→淄博(しはく) 36.淄博(しはく)から青島站に戻る。青島最後の夜。そして・・・
37. 北京オリンピック開会式は列車の中で迎える。特快列車で青島から北京へ。・・・・。 38.16日目承徳・清朝「避暑山荘」・・・・までの道のり。
39.広大な清朝「避暑山荘」は巨大なテーマパーク。・・・・・・。 40.河北省承徳は満州族の街。地ビールは四海啤酒。
41. 特集。「私が飲んだ中国のビール」 42.17日目。河北省承徳・外八廟『普陀宗乗之廟』大紅台と『須弥福寿之廟』 その1
43.河北省承徳・外八廟『普陀宗乗之廟』大紅台と『須弥福寿之廟』 その2 44.河北省承徳からミニバスでノンストップ5時間の旅。秦皇島市へ。
45. 承徳から長途汽車での秦皇島行きは誤った選択だった。しかし・・・。 46.オリンピック開催中の秦皇島で「吼える(ほえる)」
47. 17日目北京早朝着、高速鉄道CRHで天津へ/ 48.天津市で一日を過ごす。天津3泊(天津友誼賓館)
49.一人歩き北京の一日。北京南站から国家体育場まで。 50.一人歩き北京の一日。国家体育場(鳥の巣)三昧。
51.一人歩き北京の一日。国家体育場から胡同めぐり・什刹海まで。 52.什刹海(シーチャーハイ) の裏通りで10元で散髪する。
53. 北京のど真ん中、王府井大街をみなみやまが歩く。 54.18日目:天津泊高速鉄道CRHで北京往復。そして天津泊(天津友誼賓館)
55.「天津古文化街」と家楽福(Carrofourカルフール)。そして「鼓楼街」・・・ 56.「天津鼓楼街・広東会館」そしてなぜか天津WAL☆MART
57. 天津の市内をバスで移動、ウォルマートにたどり着く。 58.2008.8.13天津博物館へ市内バスで行く。
59. 東直站でL1号線に乗り換え北京首都国際空港へ向かう。 60.最後に起きた大アクシデント。上海で日本行きフライトが運休。


2008年6月北京ショートトリップ
みなみやま2008JUN/WEEKEND BEIJING/Personal Trip Diaries

北京天安門 北京八達嶺 天壇公園 北京首都国際空港3号ターミナル
vol.1WEEKEND BEIJING/ 前夜 vol.2週末の北京へ第1日目。
vol.3星期日の北京の一日。故宮と八達嶺の万里の長城と全聚徳 vol.4 オりピック開会式会場鳥の巣と全聚徳 の北京ダック
vol.5早朝の天壇公園、そして、北京首都国際空港。帰国へ。
2007年夏の中国/中国シルクロードの旅・タクラマカン砂漠一周旅行記
『最新!!2007夏中国ウルムチから時計回りにタクラマカン砂漠を完全に1周してきました。成功です。 西は、カシュガルまで、おまけは、トルファンと天山天池。烏鎮です。
map   
1日目蘇州号(船中泊)
2日目蘇州号(船中泊)
3日目上海着。上海泊。
4日目烏鎮1日ツアー。上海泊。
5日目上海発 列車(泊)→
6日目列車(泊)→
7日目列車→ウルムチ着.ウルムチ1泊。
8日目ウルムチ→コルラ→チャルクリク(若羌)→(寝台バス車中1泊)→チャルチャン(且末)
9日目チャルチャン(且末)始発バス→ニヤ(民豊)→ホータン(和田)1泊
10日目ホータン(和田))→ヤルカンド(莎車)1泊「日曜バザール」見学
11日目ヤルカンド(莎車)→カシュガル(喀什)1泊
12日目カシュガル(喀什)→アクス→(寝台バス車中1泊)→コルラへ
13日目コルラ市内散策→コルラ・始発バス→トルファン1泊
14日目トルファン散策葡萄溝へ。午後、ウルムチへ移動。ウルムチ泊
15日目(天山天池1日ツアー)ウルムチ泊
16日目夕刻ウルムチ発上海行き列車(車中泊)
17日目列車           (車中泊)
18日目上海着。上海(1泊)
19日目蘇州号(船中泊)
20日目蘇州号(船中泊)
21日目蘇州号大阪港着。






序章 旅の始まり・計画編  
第1編上海・烏鎮
・第1章 どうしても中国ビザが必要となる。そして、上海上陸。   第2章水郷・烏鎮1日ツアーだ!!  
第3章早朝の豫園商場散策。上海リニアカーに乗る。  
第2編中国鉄路往復8000舛領后柄鞍勝
第1章上海発特別快速T52次列車は2時間遅れの出発。   第2章河西回廊からウルムチへ。上海から4000繊  
第3編仮題タクラマカン砂漠一周の旅
第1章みなみやまウルムチの街にさっそく馴染む。   第2章ウルムチからコルラへ。 本人も驚くハイピッチ砂漠周遊の始まり  
第3章 コルラの市内バス5角。早朝のチャルチャン(且末)   第4章ずっぽりはまったチャルチャン且末のウイグルの世界。 
第5章そしてニヤを飛ばしてホータンへ乗り込む。   第6章ホータンの日曜大バザール  
第7章ホータンからヤルカンドの日曜バザールに飛ぶ   第8章ヤルカンド(莎車・サチョ)の日曜バザール  
第9章ヤルカンドからカシュガルへ   第10章カシュガルの一日
第11章 カシュガル職人街と古城   第12章カシュガルからアクスへ。アクスの決断
第13章 庫爾勒から吐魯番へ   第14章迷走吐魯番の2日間  
第15章1泊ドミ25元「。交通賓館の日本語ガイドは危険!」   第16章ウルムチの五一路夜市を楽しむ。 
第17章天山天池(テンシャンテンチー)と真夏の雪山   第18章さようなら新疆、ウルムチ(烏魯木斉)最後の日
第2編中国鉄路往復8000舛領后文緘勝
第3章波乱ぶくみの烏魯木斉から上海へ列車の旅   第4章河西回廊の風景
第5章深夜の西安から上海着は夕方になる。   最終章 蘇州号は上海新フェリーターミナルを離れる。 

ヤルカンド(莎車・サチョ)の日曜バザール 
カシュガル カシュガル カシュガル
タクラマカン砂漠一周ローカルバスの旅 
みなみやま

ところで、やはり、来年はタリム盆地とタクラマカン砂漠へ行ってみようかと思っています。
仕事と費用の心配があるので長期間はむずかしいですが。テツさんのアドバイスには反するかもしれませんが。
コルラから時計回りでタクラマカン1周は無理でしょうか?
ふと、そんな無謀な妄想に取り付かれそうです。
宿泊も、みなみやま的には1泊100元が基本ですから、今回のテツさんの旅行記は大変参考になっています。
何時も荒い計画しか絵を描きませんが、一度プランを考えて見ます。
旅行は夏になりそうなので、まだ時間はあります。
お世話になります。よろしく。

■リアルタイム情報
■新着2007.7.9更新
相互リンク『中国バックパッカー観光旅行記』  
●管理人は30代。まだ若い。「ツアー旅行では満足できない初心者バックパッカーが中国を放浪しながら有名観光地から「地球の歩き方」や「個人旅行」に載っていない日本人が訪れそうも無い観光地や安宿まで紹介!各地で計測したGPSデータを活用してグーグルアースで仮想中国旅行ができるようにkmzファイルを公開。」2006年12月に日本を出発、途中香港でマルチビザを取得、現在も中国をハードに旅行中。中国語が話せるのでかなり最新の正確な情報満載。現在、シルクロード方面に移動中。みなみやま的には中国情報の評価は高い。
2007/7/17 シルクロード鉄道旅行記〜嘉峪関・敦煌編 を追加
2007/7/16 シルクロード鉄道旅行記〜蘭州・銀川編を追加
2007/7/17〜7/20 トルファン編 交河故城・カレーズ民俗園・葡萄溝など を追加
2007/7/31〜8/4 カシュガル編 香妃墓・バザール・国際バスターミナルなど を追加

2006みなみやま中国華南海岸線踏破とりヴェトナム越境 河口〜ラオカイ、モンカイ〜東興
珠海〜マカオ越境全行程1万2千キロ旅行記
            map   
1日目大阪港発12時新鑑真
2日目船中
3日目上海着10時→中国入国(1回目)→外灘→上海火車站→杭州→紹興→寧波
4日目寧波→高速バス→温州→福州→泉州
5日目泉州→廈門→龍岩→永定土楼村
6日目永定土楼村→南靖→廈門→汕頭→潮州
7日目潮州→深圳→珠海→国境陸路越え→ 澳門 入国
8日目澳門→国境陸路越え→中国入国(2回目):珠海→中山→(車中泊)
9日目→湛江→海安→海南島・海口→三亜→東方→海口
10日目海口→広州→昆明→大理
11日目大理→麗江→大理→昆明
12日目昆明→石林→河口
13日目河口→国境越え→ヴェトナム入国:ラオカイ(老街)→ハノイ
14日目ハノイ→ハイフォン→ハロン湾バイチャ・ホンガイ→モンカイ
15日目モンカイ:国境陸路越え→中国入国(3回目):東興→南寧→柳州→桂林→陽朔
16日目陽朔→興坪→陽朔
17目陽朔→龍勝(龍背)→桂林→上海
18日目上海→蘇州(拙政園)→上海
19日目上海13時発新鑑真→
20日目船中
21日目新鑑真10時大阪港着
1. 旅の始まり:二年ぶりの新鑑真の船旅   2. 再び上海上陸、6時には寧波に着く。  
3.やはりおきたみなみやま的寧波事件   4.寧波から廈門へ高速公路をひた走る。しかしなぜか泉州泊  
5.早朝の充実した泉州観光にマルコ=ポーロの時代をしのぶ。   6.中国福建省下洋初渓明・清土楼風景区(貴重な1枚)  
7.泉州から龍岩市、そして、永定客家土楼村にたどり着く。   8.中国福建省下洋初渓明・清土楼風景区(みなみやま客家土楼ALBUMS)  
9.下洋初渓明・清土楼風景区そして翌朝には南靖へ向かう。   10.土楼村から南靖へ危険な道のり、廈門、汕頭、潮州泊。  
11.求めていた究極の潮州交通旅社40元そして、充実した朝   12.潮州から新興都市深圳と「羅湖汽車站」、そして澳門(珠海)へ  
13.まず、珠海から最南部海南島海口への切符を買う   澳門で EAST ASIA HOTEL (東亜酒店)に泊まる。(マカオ旅行記)  
澳門の早朝の街を歩く。普段の市民生活があった。   澳門から再び中国へ入国する。  
14.澳門(珠海)から中国最南部海南島へのみちのり   15.海口・三亜・東方、海口。中国最南部海南島を一周する。  
16.海南島で台風に遭遇。あっさり、ヴェトナム行きを諦める。広州へ飛ぶ。   17. 広州空港から雲南省昆明に飛んだみなみやま。  
18.初めての雲南省、昆明から大理・麗江へ   19. 大理から昆明。ヴェトナム行きを決める。  
20.昆明の街を駆け足で歩く。中国最後の夜は河口で過ごす   初めてのヴェトナム、ラオカイはハプニングの連続 ( ヴェトナム旅行記)  
ヴェトナムで列車の中での出会い。   ハノイの市場、ハイフォン、ハロン湾、ホンゲイ、そしてモンカイ。  
ヴェトナム最大の危機!!バスに置き去りにされる。   国境の町モンカイ。そして3度目の中国入国。  
21. ヴェトナムとの国境の町東興・そして南寧   22.桂林をめざして・陽朔で2泊する  
23.陽朔・興坪のゆったりした一日   24.龍背(ロンジー)梯子田(ライステラス)トレッキング  
25.上海浦江飯店ドミトリー2泊・みなみやま的蘇州紀行   26.最終回 三週間ぶりに上海から新鑑真号で帰国する。  
2006年夏の中国/みなみやま中国旅行プラン← 詳細はココをクリックして下さい。
中国華南・浙江省・福建省・広東省旅行計画。


前回片道だけ利用した新鑑真号は今年は7.25、8.1、8.8の大阪港・神戸発。 上海からまずは杭州へ。杭州から寧波へ。寧波はもう一度歩いてみたいです。寧波から、福州または廈門へ。 泉州も行ってみたいので、途中で降りるか、廈門から戻るかは状況次第。 そのあと、永定客家土楼文化村へ。 永定から、潮州、スワトウへ。 スワトウから、シンセン。徒歩で香港入境。香港は素通りして、船で澳門へ。澳門から歩いて入境して珠海へ。 珠海から、寝台バスで海口へ。海南島です。 海南島からベトナムとの国境の東興へ。 その後ベトナムのハイフォン、ハノイを経由して再度中国へ戻る。 「華南海岸線踏破とおっかなびっくり中国越境の旅」計画
しかし、これは無謀な計画と判明
再度計画を立て直す。
廈門松柏長途汽車站発永定、湖杭行き。 6:35発→11:04高頭・承啓楼着。 承啓楼泊。50元前後。別途、入場料。 高頭→下洋→初渓土楼群→永定客家土楼文化村。泊。 高頭→永定。 永定→スワトウ バス4時間。
日本から中国へのフェリー紹介
●蘇州号 ●新鑑真号 (2008.6.22改訂) ●燕京号 ●オリエントフェリー

上海鉄路局の列車時刻検索(2008.3.7URLみなみやま訂正)

2005年夏の中国/みなみやま中国5000僧貿・大同・甘粛・山東旅行記
map   
「韓国からの中国旅行計画」
●その1韓国からの中国入国方法は? 候補は大連、秦皇島 →→計画の危機!! 大連行きフェリーはすでに8月中の予約を終了、あとはキャンセル待ちの状況だと連絡をいただいた。厳しい状況。(7/29)他のフェリーも同じ状況に。(問い合わせ中)(8/2)
第3の案浮上中
プラン3●●飛行機で中国入国→オリエントフェリー(青島→下関)で帰国
仁川発大連は片道24万9900W、往復49万9800Wで現在   8月10の便のみ空席アリ。
仁川発煙台は東方航空片道19万W、往復38万Wで8月10、   11は座席あり。
仁川発煙台はアシアナは片道25万W、往復   50万W、8月10、11のみ空席あり。
●その2中国入国後の足取りは? 大連の場合は瀋陽(清の旧都)、秦皇島の場合は、承徳へ。その後、北京を経由し昨年のリベンジ、大同の雲崗石窟を目指す。
●その3中国をどう歩いたか。
 ̄貘罅疎舅◆〔鵤横娃悪辧‖舅◆遡觜埒佳罅 ‖舅◆疎臚1194 ◆掻塚枌紂)摸諭‥賣諭 ×塚曄遡觜埒佳罅 〜大同着 大同国際旅行社のツアー 雲崗石窟・懸空寺 大同泊 35元 ぢ臚院船侫侫曠函船僖トウ〜銀川 夜行座席 870  銀川〜バス500辧鼠州  蘭州泊  98元 ィ厳遑隠菊蘭州〜 夜行座席   蘭州〜青島1699辧  Α疎抻魁‖抻海ら済南  済南〜バス移動 0時過ぎ青島着 青島泊200元 Ю津隋繊 .侫Д蝓写觜 ┫攅饋寮邱礎紂/寮遏船愁Ε襦.愁Ε詛顱 ソウル〜釜山 ビートルで福岡港へ。 阪九フェリーで神戸へ。夜行 中国での移動は5000卍兇任靴拭

煙台客站  瀋陽・北陵  瀋陽・東陵  東陵  雲崗石窟20窟 雲崗石窟20窟 懸空寺  大同・九龍壁


1.韓国から中国へ。山東半島煙台から黄海を渡る。   2.煙台港で大連行きのフェリーの切符を買う。  
3.中国で乗ったフェリーとある出会い 4.大連駅は改装中、大連発最終列車に乗る
5.瀋陽で市内バスを乗り回す。北陵・東陵はお薦め 6.広大な北陵公園・そして東陵
7.昭陵そして広大な東陵 8.瀋陽から大同へ夜行列車の旅。雨の大同。雲崗石窟行きのツアーに申し込む。
9.雲崗石窟へ -山西省・大同を満喫する旅2 10.感動した黄土高原そして懸空寺-大同を満喫する旅3
11.不思議な昼食と断崖の懸空寺 -大同を満喫する旅4 12.大同・飛天賓館はお薦め・15元で散髪をする -大同を満喫する旅5
13.3回も通った大同火車站前食堂 -大同を満喫する旅6 14.大同の朝の散歩で迷子になる-大同を満喫する旅7
15. 善化寺、九竜壁と書店、超市を歩き回る -大同を満喫する旅8 16.大同、フフホト、パオトウ、銀川、そして蘭州  -大黄河をめぐる旅1
17.銀川から寧夏回族自治区を走り抜ける -大黄河をめぐる旅2 18. 続・銀川から寧夏回族自治区を走り抜ける -大黄河をめぐる旅3
19. 銀川から甘粛省蘭州まで快客バスの旅 再び広大な黄土高原の姿に驚く-大黄河をめぐる旅4 20.甘粛省蘭州はにぎやかな、しかしのんびりした街 蘭州大廈はシングル98元-大黄河をめぐる旅5  
21.甘粛省蘭州の「歩き方」::清真料理を食べる 22. 甘粛省蘭州の「歩き方」市内バスの乗り方  
23.蘭州→青島17008月15日の24時間硬座一人旅1 24.蘭州→青島17008月15日の24時間硬座一人旅2
25.泰山は1日にしてならず。泰安の「歩き方」。泰山火車站で中国の公衆IP電話をかけまくる。 26.泰安から列車で済南へ、そして高速バスで深夜青島に零時過ぎに着く。
27.青島の朝を歩く。その日の韓国行きのフェリーの切符を手に入れる。 28.青島のタクシー事情。青島最後の昼餐は水餃子。青島の路地裏を歩く。
29.青島港客運站。そこは、コリアンワールド。 30.一年ぶりに実現。青島から韓国仁川港へ。
2004夏 中国 河南省・山西省・山東省旅行記中国田舎めぐり・そして中国から韓国へ海を渡る
map    開封夜市  開封夜市 洛陽・龍門  洛陽・龍門石窟 三門峡長途汽車站 河南省・三門峡 青島ビール  青島ビール 煙台空港  山東省・煙台空港
◎8/15無事、韓国経由で帰国。『みなみやま新中国旅行記 河南省・山西省・山東省縦断9日間旅行記』は連載開始。
2004年夏。みなみやまの旅行計画決定!! 8ヶ月ぶりに、中国の「田舎めぐりの旅」に決定。 開封、洛陽・龍門、大同・雲崗の旧都と石窟寺院・石仏をめぐる。
少しひねりを入れて、帰国ルートは中国からフェリーで韓国仁川港を目指すことに。詳細は 『みなみやま新中国旅行記』に。








1.新鑑真号 満員。「上海上陸」  2.「上海上陸・即脱出プラン準備編」
3.「上海上陸・即脱出プラン上海火車站 編」 4.「上海上陸・即脱出プラン 市内バス編,豫園・三牌楼路編」
5.「上陸即日上海脱出, みなみやま的鉄道硬座の旅、上海→鄭州 」  6.「みなみやま 河南省鄭州に降り立つ,鄭州→旧都開封」  
7.「みなみやま開封の『鉄塔』に登る、盛大な開封の『夜市』に感動」 8.「開封を後に早朝洛陽に向かう。東方紅餐館その後」 
9.「龍門石窟への遠い道のり」 10.「洛陽からあえてバスで三門峡へ行く・黄河大廈に泊まる。70元」  
11.「みなみやま三門峡で黄河を見る」 12.三門峡から黄河大橋を渡り山西省に入る   
13.山西省・侯馬市から介休市へ、イベコバスの旅  14.山西省介休市へ、石炭とイベコバスの旅 人口37万人山西省介休市はのんびりとした町
15.K238広州東発、介休から平遙へ25分  16.平遙から山西省省都太原へ。山西省省都太原で地元市場の食堂で盛り上がる
17.太原から夜行で大同へ 18.大同・北京西・北京駅そして済南へ。済南→煙台524辧4攅餽圓フェリーに間に合う
19.中国を出国できず、煙台でミンバクに泊まる 20.中国を出国できず、青島で泊まる /早朝の青島散策
21.中国を出国できず、再び煙台で泊まる。OZ308中国時間15:00発 仁川着韓国時間17:05着。  

みなみやま中国東南部福建省・浙江省6日間旅行記 2003 年末 華中・華南のローカルの旅に挑戦
12/22上海へ。6日間の旅。それからどこまで行くかは本人もわかっていない!! ●中国6日間鉄道、バス3200キロの一人旅/ 2003中国の東南部の旅/ 序章・上海編、江西省編、廈門編、福州編、福建省から浙江省編、寧波そして紹興編、杭州から上海編、終章。 
温州駅  温州火車站 福州・烏塔福州・烏塔 寧波・月園 寧波・月園
10年ぶりの中国旅行。台湾・韓国と一人旅を経験して、中国へ行こうと思い立つ。上海到着の日、すぐに鉄路に乗ることに。最初の行き先は江西省南昌。 そのあと硬臥で福州へ。調子が出てきて、廈門往復。温州、寧波、紹興、杭州と中国の今を見た旅。
1.旅の始まり 上海編●最初に買ったのは鉄路(列車)時刻表  2.上海〜南昌 硬座55元  ●1235列車は31時間で宣昌に着く。 
3.硬座で筆談でコミュニケーションを取る。●1235 普快无空調 23:40 上海⇒宜昌 4.トロリーバスに初めて乗る。 ●南昌で散髪をする。福州行きの夜行の硬臥の当日券が手に入る。
5.宇山風景区へ白塔はまだ閉まっていた。福州から廈門まで初めて高速公路に乗る      6.廈門でコロンス島観光。100元で飯店に落ち着く。
7.廈門の夜市を歩く廈門から福州へ、さらに温州を目指す。     8.福州ともお別れ 。ベンツの新車,寝台バスに乗る  
9. タイムスリップした風景。突然温州市街手前で高速バスを降ろされる 10.温州でイーバイの飯店に泊まる。温州火車站と繁華街は離れている。
11.高速バスは温州みかん畑の中を快調に走った 12.寧波で久しぶりの観光をする。 僧道元上陸地の碑を甬江(ようこう)河畔で見つける。  
13.硬座のすすめ。車掌がカップ麺を車内販売する。お湯付きで!    14.紹興で魯迅記念館へ行く
15.高速バスは杭州へ着く。上海まで無座の切符を買う。 16.浦江飯店ドミトリーに泊まる。上海大廈からリムジンに乗る。

みなみやま韓国旅行記
新掲載!東アジア旅行記番外編  みなみやま石垣島・竹富島・西表島・与那国島旅行記 2004年掲載
 亜熱帯の八重山諸島。その中でも、与那国島は一番西に位置している。海の向こうは・・・・・そこはもう台湾。そんな島々を歩いてみました。
●1沖縄から石垣島へ 台湾航路のリハーサル。沖縄那覇港から石垣港まで台湾航路のフェリー飛龍に乗る。
●2朝一番の船で竹富島へ。翌日西表島に1泊する。 那覇から石垣港へ。その足で竹富島で泳ぐ。赤瓦がもっとも美しい島。石垣泊後、原生林が残る西表島へ。レンタカーで島をドライブ。西表島に初めて宿泊する。
●3国境の島与那国島へ日本最西端の島。台湾までは船で3時間。台湾に最も近い島。年間を通して風が強い風の島でもある。行政的には独立した島。
●4再び石垣島へ。石垣島一週ドライブ唐人墓、川平湾グラスボート、伊原間サビチ洞、平久保灯台
●5台湾へむけ、フェリー飛龍でいよいよ石垣港を出航する 行き先は台湾キールン港。6時間の旅。
みなみやま台湾旅行記
「みなみやま東アジア旅行記」を書くきっかけ
沖縄本島のさらに南に石垣島がある。 その石垣島から3時間の船に揺られると与那国島がある。 国境の島である。 そしてそこからわずかの距離に外国の台湾がある。 じゃ、その外国に行ってみようと考えたのが旅の始まり。2002年の夏である。そして、秋に台湾、韓国と一人旅をして、旅行記を書き始めた。 それが、このHPの始まりである。
基隆上陸、台北から高雄を目指す 第1回台湾旅行記。2002夏 石垣、キールン、台北、台中、高雄。
駆け足の台湾一周 第2回台湾旅行記。2002秋、颱風と遭遇。台中、台南、高雄、台東、台北、桃園。
●台湾旅行記雑記帳1●自助餐(大衆食堂)を知る
●台湾旅行記雑記帳2●南華路観光夜市が気に入る
●台湾旅行記雑記帳3虫可仔煎50元が読みとれるだろうか。 虫可仔とは蠣(カキ)のことだ。

●みなみやま おすすめリンク ●● バーナーは自由にお使い下さい。
■中国関係

■新着2007.7.9更新2012.7.18変更
相互リンク『中国バックパッカー観光旅行記』  
●管理人は30代。まだ若い。「ツアー旅行では満足できない初心者バックパッカーが中国を放浪しながら有名観光地から「地球の歩き方」や「個人旅行」に載っていない日本人が訪れそうも無い観光地や安宿まで紹介!各地で計測したGPSデータを活用してグーグルアースで仮想中国旅行ができるようにkmzファイルを公開。」2006年12月に日本を出発、途中香港でマルチビザを取得、現在も中国をハードに旅行中。中国語が話せるのでかなり最新の正確な情報満載。現在、シルクロード方面に移動中。みなみやま的には中国情報の評価は高い。 /2012/7/15 当HP「中国バックパッカー観光旅行記」を貴サイトのTOPページに登録して頂いておりますが、この度ドメインの引越しをいたしましたので、お手数ですがリンク先を下記のように御変更いただけないでしょうか?
■新着2007.5.26更新
相互リンク『平和と歴史の旅』  
●隊長さんの海外旅行記。最新は「万里の長城司馬台2007,5」「永定客家土楼に泊まろう2006.12」と中国旅行です。
とんびさんの『ユーラシア紀行』で見かけたのがきっかけです。東南アジアや中央アジア、アフリカ、南アメリカと内容は多彩です。

■新着2007.1.14更新
相互リンク『海外旅行準備室』  
● REISENDER さん(ライゼンダー:ドイツ語の「旅人」を拝借させて頂きました) 発信地 名古屋 履歴書 幼少から鉄道ファン。1982年に当時の国鉄全線乗車達成。 就職は東京の大手電気メーカー。仕事はコンピュータ・システム開発を担当。 1999年に趣味で受けた一般旅行業務主任者試験に合格。 2003年に郷里の名古屋に戻り、2年ほどかけて準備を行い当サイトを立ち上げました。 「昨年4月より海外旅行関連サイトを運営しています。私のサイトは、海外旅行知識や国別の観光地ガイドなどを私自身の観点で整理して掲載しており、スタート当初から、内容豊富なみなみやまさんのサイトはリンクさせて頂いています。 さてまことに勝手なお願いですが、相互リンクして頂けませんでしょうか。 貴サイトは下記http://www.i-wanna-travel.com/r0-korea51.htmlでリンク紹介しています   。
■新規リンク2006.7.23
● 相互リンク『Ginaの遺跡旅日記』食と旅をたのしむページ since 2001.12  
●Ginaさんのサイト。「イタリア好きなので、イタリア名のHNをつけたのですが、Ginaというのは確かに読みづらいみたいで、わりといろんな方からギナと呼ばれます。」「アジアも大好きですが、イタリアをはじめ地中海沿岸諸国も大好きなんですよ。世界中、遺跡とおいしいものがあるところにはどこにでも出かけていきたい、と思っています。」海外旅行記:イタリア・中近東・アジアを中心とした41篇の旅行記を掲載。イタリア海外挙式:フィレンツェでの海外ウェディング準備情報など。『みなみやま的Gina考』「Ginaさんの1回目の客家土楼旅行記はすでに拝見していました。それで今回こちらへお邪魔してみて、女性ながら2回も土楼に行かれているのを知りちょっと驚きました。ただもんじゃないな!!って感じです。」Ginaさんはただもんじゃないです。
■新着2007.6更新
●相互リンク『天津幸福飯店 』  
◎引っ越しました。  突然ですが、帰国を機に ●新しいブログ 『パニーノパニーノ』    に引っ越すことにしました。 新しいアドレスは 「http://blog.goo.ne.jp/panino_panini」●長い間、天津幸福飯店をご愛顧頂きありがとうございましたー!   

●『中高年バックパッカーの旅』
●今最もはまっているサイト。『世界遺産先取りの旅』侗(トン)族の風雨橋と鼓楼、福建省の客家土楼、江蘇省の古鎮「周庄」の旅日記完結。 『花咲き乱れるトルコへの旅』、『エジプト・ナイル河畔の旅』を読み終えたところ。膨大な旅の記録が貴重です。リンクフリーということで掲載。
●相互リンク『MUSTAFAのページ』
みなみやま的には中国・山西省平遙の旅行記でお世話になった。最新旅行はウズベキスタン。中国が詳しい。 今まで行ったことのある国と回数を教えて。/// 中国15、シンガポール11、韓国9、香港5、アメリカ4、マレーシア、カナダ、イギリス各3、トルコ、フランス、タイ、台湾、メキシコ各2、ベトナム、ミャンマー、UAE、シリア、イラン、インド、ベルギー、ジャマイカ、オーストラリア


●中国旅行記データベースみなみやま中国東南部旅行記 登録
■新着2005.5.28更新
●相互リンク『Fu.Ta.Tabi. 〜ねえさんの「旅物語」〜 』  
●旅をこよなく愛する!自称ねえさんさんのサイト。 「杉田かおる式セレブ婚を目指し、日々精進する。 が、しかし・・・ねえさんの出没地帯は「格安旅館」である。セレブ、いるはずもない・・・・・(ーー;) なお、ねえさんが紹介する「旅館」で不快な目に遭ったり、「食堂」でまずい物を出されたとしても、ねえさんは 一切関知しない。」 「釜山・慶尚南道・全羅南道と 「夏の香り」の旅 」が最新記録。抱腹絶倒、ずいぶんディープな旅行である。みなみやま的にはおすすめ!!
■韓国関係

●相互リンク『ソウル路地裏日記』  
●shojiさんのサイト。韓国・ソウルについて詳しい緻密なサイト。ファンも多い。「韓式旅館記録」は必見。「旅行記」「B級グルメ」も画像が楽しい。「掲示板」に集う人は多い。
●相互リンク!!『あいらぶコリア』  
●コリア清水さんのメッセージを紹介「韓国と日本は今や、大阪と東京のように近い間柄になりました。韓国に住み5年を迎える私こと「しーちゃん」の韓国発、生活インフォメーション!」「豚肉大好き」は必見。サムギョプサルの画像入り調理法は素敵です。まだまだこれから発展するホームページです。「みなみやま海外よもやま情報」にコリア清水さんに聞いた韓国の疑問回答多数掲載

●相互リンク!!『DEEP SEOUL』  
●4/14 コプチャンのサイト。「コプチャン記録室」を見るとその毎月一回はソウル訪問しているのは驚きです。おすすめは「旅行記(体験記)」「ソウル私のフード物語」力作です。食については大変細かい記録がありますね。アシアナにこだわって飛行機を利用。チケットはソウル発券。ソウルへの渡韓回数はギネスブックもの。 旅行記も必見です!!。
●相互リンク『めだかのたびのやど』
めだかさんのサイト。今回めでたく10回目の韓国旅行。旅行の描写が大変細やかです。初回から回を重ねるごとにソウル歩きが進化しています。旅行記では一人歩きソウルと庶民的食事内容が豊富です。食べることへの執念が「濃い!」のだけでなく、在来市場へ足を運んでいるのが魅力的ですね。他に、台湾旅行記もあり。

●相互リンク『Once in a Blue Moon』
piggykaz さん 2004/3/2もしよろしければリンクお願いしていいですか? 「最近旅行していなかったし、ちょうど夏休みが取れそうだったので旅行することにした・・・。」そして韓国へ・・・。最近、韓国にすっかりはまったKAZさん。旅行記のアップが早く、内容も正確。しかし、どこかユーモラスな旅行スタイルです。ぜひ、HPをのぞいてみてください。みなみやまもファンの一人です。

●相互リンク『ミーのホームページ』  
●5/17マッシーさんのホームページ。 初めての出会いは『8月のクリスマス・群山旅行記』。韓国映画とその舞台となった土地には詳しい方です。最近、「冬のソナタも高速鉄道も・・三泊四日よくばり旅」旅行記がアップされました。マッシーさんのドラマのロケ地を巡るたびは素晴らしい。さらに、在来市場への造詣深し。最新は台湾旅行記。

●相互リンク『がんもどき韓国旅行』
がんもどきせつこさんのページ。 銀行口座開設や韓国銀行ATMなど実用情報やがんもどき的トリビアなどがある。最新のKTX乗車リポートあり。
●『韓国ソウル東山旅館物語』  
「ホットでディープな東山旅館」を紹介、今はサランチェ民泊がおもしろい。みなみやま的には台湾旅途愉快もおすすめ □ぷりんすさん 【2004/03/19 】 「こんばんわ。早速拝見してきました。多彩な内容ですね。 もう8年もサイトやっていらっしゃるんですね。さすがです! リンクの件、了解しました。よろしくお願いいたします。」

●相互リンク!!『パイザ(paiza)の世界旅情報』  
●paizaさんより 初めまして。パイザといいます。 ・・中略・・リンクのお申し出ですが、喜んでさせていただきます。 4/4 リンクの方はもう張っております。確認してください。4/5 みなみやまの旅行の際、モッポ、珍島のpaiza旅行記を持参しました。大変役立ちました。みなさんにお薦め。



●相互リンク『盛があぱよ〜!』
●2004/05/19 みなみやまさん はじめまして 今2004韓国南西部6日間バス旅行記を読んだところですが  見覚えのある場所もいくつかあり、 久しく韓国に行ってないこともあり、懐かしく読んでます。 建物もずいぶんと変わっているようです。 で、で、で、ひとつびっくりしたことがありまして 木浦の乾物屋の二階のカンジュ旅人宿はワタシも泊まったことがあります。 (写真見て、自分の写真と見比べました) 「はじめての韓国」(ほったらかしにしてますが)では 次に木浦に行くのですが、麗水の経験を元に旅人宿に泊まろうと思い 面倒くさがり屋のワタシは木浦駅の近くでいいやとカンジュ旅人宿へ。 でも通りすがりの宿に自力で泊まるのは初めてだったので 入るときにえらく緊張したのを思い出します。 リンクの件了解しました 今後ともよろしくお願いいたします。
●相互リンク『100%KOREA』  
●pechikaさんのサイトです。マニアックというのは、きっとすばらしいことだと思いますが・・・・次の釜山旅行が楽しみですね。「 2004/10/28 shojiさんのところでは存じ上げておりましたが、 掲示板へのカキコミは初めてです。 私は、友人から「韓国マニアだね〜。」と言われますが、 「そんなことないよ。もっとすごい人達がいっぱい いるんだから〜。」といつも話しています。 もし、よろしければLINKさせていただいていいですか? ご検討ください(^^)」 「2002年、秋に大人になって初めての韓国旅行、釜山へ。しかも結婚式の招待という貴重な体験でした。友人たちの反対を押し切って、一人で歩いた南浦洞。初めて現地で試した韓国語。 あのときの感動は、今でも忘れることが出来ません。『私にとっての韓国』より」
●相互リンク『ファジャンシル オディエヨ?』  
つぶおのホームページにようこそ!!旅行好きの、私の旅の記録を国内、国外問わずUPしていく予定です。よろしくお願いします。最近は韓国中心ですが・・・ 「ファジャンシル オディエヨ?」とはトイレ何処ですかと言う意味になります^^

●『トモラッピン』2005.3.19Rink  
ブログです。トモラッピンさんはすごいひとですよ。「1998年、初めてソウルに行ってから韓国料理に魅せられ、韓国にはまり、ソウル発券を始めてから、頻繁に韓国に通い始め、渡韓回数20回を超えました。ソウル以外の韓国の地方にも足を延ばし始め、特に好きな場所は「済州島」!2005年の予定●3月 沖縄●5月 韓国●8月 香港&ホーチミン&ハノイ(UAアワード) ●9月 韓国(自己紹介より)」かなり食ではディープな田舎めぐりをされていますね。
■アジア関係
●相互リンク『ユーラシア紀行』
とんびさんのサイト。アジアからヨーロッパまで広く海外旅行されています。中国4回・韓国4回と回を重ねているのが最近の傾向か? 旅行も進化・深化?されているようです。 1994年本格的な中国旅行をされており、上海・洛陽・西安・北京と旅行。 みなみやま・初海外旅行と時期もコースもほぼ同じというのが、不思議な縁を感じます。 緻密な旅行計画で旅行記も充実。おすすめサイトです。
●『パキスタンからのたより』   ●5/15督永 忠子さんの「オバハン便り」をお楽しみ下さい。
●自薦他薦お勧めリンク集中国旅行情報庫にみなみやま 中国東南部旅行記 登録 ●HPみなみやま海外旅行記 ソウルナビに登録(12/11) ●HPみなみやま韓国旅行記、プサンナビに登録(2/9) ●ソウルナビにみなみやま韓国「安東旅行記」(2004.2.2)掲載。 ●ソウルナビにみなみやま韓国旅行記「江原道の旅」(2003.11.19)掲載。(江陵、束草、雪嶽山)
名称未設定