北海道東部の旅
平成14年6月30日〜7月2日
団体の観光旅行のため全く自由が利かず
大きな北海道の景観は全く撮影できなかった。
観光地のみの写真に始終してしまい少し残念。

博物館網走監獄 廊下の上に脱獄時を再現している(蝋人形)

網走近くの小清水原生花園。停まっている一両の列車は
JR釧路本線原生花園駅で停車中。
オレンジ色の花はこの地にしかないエゾスカシユリの花。

オシンコシンの滝の前の海岸からオホーツク海を見る

宿泊したウトロ温泉のホテルから見たウトロ港の早朝5時の風景
大阪より1時間近く早く夜が明け、5時に目が醒めたときには
太陽が相当高く上がっていた。

知床5湖の内、知床2湖の風景
山は硫黄山

ウトロ港から観光船に乗って知床半島を海上から遊覧する。
中央の山は硫黄山。滝はカムイワッカの滝

おなじみの摩周湖の風景

ホテルの窓から見た阿寒湖の夕方の景色

ホテルの窓から見た翌早朝の阿寒湖の風景

船でマリモ展示観察センターと阿寒湖遊覧

川湯温泉近くの硫黄山の噴煙、水蒸気らしいが近くに行くと
硫黄臭く咳き込んでいる人が多くいた。地面が黄色くなっているのは、
硫黄のため。こんな硫黄臭いところで、煮抜きの卵を売っている
露天商がいたのにはビックリ。

美幌峠から屈斜路湖を見る。撮影レンズは38mm相当で広角でないが、
この風景、超広角レンズで撮影したように見え、島が空中に浮いている
ようだ。
戻る