山形県温海温泉の旅

平成16年6月27日〜28日
伊丹空港−仙台空港−寒河江市−酒田市−温海温泉(宿)
−笹川流れ−関川村-新潟空港-伊丹空港
団体の観光旅行のためあまり自由が利かず
観光地のみの写真に始終してしまいました。


伊丹空港から仙台空港に向かう飛行機で、松本市上空から富士山が少し見えた


山形県寒河江市で「さくらんぼ狩り」をした。さくらんぼがこんなに甘いとは知らなかった


酒田市の料亭街で豪勢に昼の食事をした。手前の香梅咲にて


酒田市の山居倉庫。今でもJAの現役米の倉庫


酒田市の本間家旧本邸。「本間様には及びもないが、せめて成りたや殿様に」と云われた、日本一の大地主宅


宿泊した温海温泉 たちばなや


温海温泉の足湯。道路の真ん中に足湯が造られていた


日本海の山形県と新潟県の県境近くに奇岩の連なる「笹川流れ」がある。名前からは想像できない海岸での連続した奇岩だ。


新潟県関川村下関の渡辺邸。豪農の屋敷である(国の重要文化財)


上記渡辺邸は「石置き木羽葺き屋根で、撞木造りと云われる平入りと妻入りが合体したような建物であった。

戻る