エノクの鍵 3−1−7 The Keys of Enoch 3-1-7

INDEX

このサイトはJ.J.ハータック(James J. Hurtak, Ph.D.)博士によって記された『エノクの鍵』3-1-7章(The Keys of Enoch 3-1-7)に基づき、アクシオトーナル・ライン(Axiatonal lines)について考察するサイトです。ひいてはヒーラーの方々の応援サイトでもあります。

目次

『エノクの鍵』について

  • はじめに
  • 外観について
  • 構成について
  • 叙述の特徴について
  • 参考にした書籍

アクシオトーナル・ラインとは
  1. 小宇宙としての身体
  2. 磁区の格子としての身体
  3. ハイヤーセルフとの関係
  4. 二重の通信リンクとスピンポイント
  5. 表面電位と肉体の再生
  6. 五次元の循環システムとスピンポイントについて
  7. 生きた圧電性マトリクスとしての身体
  8. 肉体の新しい編成とアクシオトーナル・ネットワーク
  9. 七つのチャクラと肉体の空間的量子化
  10. 普遍的な波形への接続と光の同胞団
  11. スピンポイントの働き
  12. 人類の結晶構造
Copyright (C) 2008 yuma0333, All rights reserved.
このサイトはリンクフリーです。